北村匠海×吉沢亮×山田裕貴「東京リベンジャーズ」 「俺たちは行けるとこまでいく」熱いセリフ満載のキャラクターPV

2021年6月16日 07:00

タケミチ&マイキー&ドラケンの青春を象徴する新場面写真
タケミチ&マイキー&ドラケンの青春を象徴する新場面写真

北村匠海主演で、シリーズ累計発行部数2000万部を突破した和久井健氏の人気コミックを映画化する「東京リベンジャーズ」のキャラクターPV(タケミチ&マイキー&ドラケンver.)が披露された。タケミチ(北村)と、不良たちの組織「東京卍曾」(トーマン)を束ねる吉沢亮演じる総長マイキー、山田裕貴扮する副総長ドラケンの出会い、ともに過ごした時間が、熱いセリフ満載で切り取られている。

本作には、北村、吉沢、山田に加え、杉野遥亮今田美桜鈴木伸之(「劇団EXILE」)、眞栄田郷敦清水尋也磯村勇斗間宮祥太朗ら若手豪華キャストが集結。「映像研には手を出すな!」「ぐらんぶる」の英勉監督がメガホンをとった。

どん底の生活を送るフリーター・タケミチはある日、かつて交際していた人生唯一の彼女・橘ヒナタ(今田)が、事故に巻きこまれ命を落としたことを知る。その翌日、何者かに命を狙われたタケミチが死を覚悟した瞬間、弱小不良だった高校時代にタイムリープ。ヒナタを救い、逃げ続けてきた人生を変えるため、タケミチはヒナタの死の原因があると思われる、警察も手に負えない「東京卍曾」に潜入する。

10年前に戻ったタケミチは、トーマンを消滅させるため、総長マイキーとの接触を試みる。そして出会ったのは、現代の悪名高いトーマンを統べる男とは思えない、穏やかなマイキーと、彼を支える副総長ドラケン。キャラクターPVは、マイキーが満面の笑みで、「お前、今日から俺のダチな!」とタケミチに声をかけるシーンで始まる。「花垣武道、俺はお前が気に入った」「俺たちは行けるとこまでいく」――トーマンを熱い絆でまとめ上げ、仲間のために必死になるふたりを目の当たりにしたことで、タケミチの心は揺れ動く。なぜトーマンは一大巨悪組織となってしまったのか、なぜマイキーは変わってしまったのか。3人の絆が未来を変えられるのか、本編が気になる映像となった。

あわせて、新場面写真も披露。夢を語るマイキーを、タケミチとドラケンが眩しそうに見つめており、3人の青春を象徴するような1枚となった。

東京リベンジャーズ」は、7月9日に全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース