坂口健太郎、主演作「劇場版シグナル」に誇り 「恵まれた経験させてもらった」

2021年4月2日 19:01

2018年に放送された連続ドラマを映画化
2018年に放送された連続ドラマを映画化

俳優の坂口健太郎が4月2日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演作「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」の初日舞台挨拶に、共演する北村一輝吉瀬美智子奈緒伊原剛志橋本一監督とともに出席。初の連続ドラマ主演として始動し、スペシャルドラマ、劇場版と長きにわたり座長を務めた本シリーズを「僕の中でも特別な作品。恵まれた経験をさせてもらった」と誇らしげに語った。

2018年に放送された連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」を映画化。謎の無線機が、現代を生きる刑事・三枝健人(坂口)と、過去に身を置く熱血刑事・大山剛志(北村)をつなぎ、ともに長期未解決事件を解き明かしていく。劇場版は伊原、奈緒ら新キャストを迎え、21年の東京を舞台としたオリジナルストーリーが展開。全国315スクリーンで封切られた。

挨拶に立った坂口は「(コロナ禍で)一歩を踏み出せない作品も多い中、エネルギーを注いだ作品が公開できるのは、すごくうれしい。参加してくださった皆さんにも感謝したい」としみじみ。「心がすり減る時代ですが、ご覧になる皆さんにパワーをお伝えできれば」とアピールした。

ストーリーにちなみ「20年後、どうなっていたいか?」と質問されると、「ちょうど20年後は、北村さんとほぼ同い年。今回、ご一緒させていただき『北村さん、楽しそうだな』って。自分の未来もどこか明るいと楽しみにしている」。この発言に、北村は「もう少し、ちゃんとした人になったほうがいいよ(笑)」とアドバイスした。また、吉瀬は「坂口くんがチームワークの生まれる空気を出してくれた。これくらい褒めればいい?」と笑いを誘い、息の合ったチーム感を披露した。

本格的なアクションに初挑戦した坂口の勇姿も見どころで、「坂口くん、こんなにアクションできるんだって。普段はポワ~ンとして印象だったので(笑)、僕の中ですごくギャップ萌え」(伊原)、「私にとっても初めてのアクションだったが、坂口さんが支えてくださった」(奈緒)と新キャストからは絶賛の声。同じく劇場版から参加の橋本監督は、「これは坂口健太郎が、アクションスターになるという映画。きついシーンを何度もやらせて、ごめんね…。まったく弱音を吐かないから、もっと弱音を吐かせようと思って」と坂口のガッツに感謝を示した。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 吐きだめの悪魔
  • アタック・オブ・ザ・キラートマト
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト
  • ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人
  • ファンタズム
  • マッドボンバー
  • 血みどろの入江
  • バスケットケース
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖
OSOREZONE

Powered by 映画.com