柳楽優弥主演、モンゴルをめぐるロードムービー「ターコイズの空の下で」海外版予告編

2021年2月16日 12:00

先行プレミアム上映&舞台挨拶が、2月19日に新宿ピカデリーで開催
先行プレミアム上映&舞台挨拶が、2月19日に新宿ピカデリーで開催

俳優の柳楽優弥が主演を務めた、モンゴルをめぐるロードムービー「ターコイズの空の下で」の海外版予告編がお披露目。2月19日には先行プレミアム上映と舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーで開催され、柳楽、サヘル・ローズ、KENTARO監督が登壇する。

ドイツで開催された第68回マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭のオープニング上映を飾り、「FIPRESCI賞(国際映画批評家賞)」と「才能賞」の2冠に輝いた、日本、モンゴル、フランスの合作映画。柳楽のほか、麿赤兒、モンゴルのスーパースター、アムラ・バルジンヤムらが共演し、パリを拠点に活動するアーティスト・KENTAROが長編監督デビューを果たした。

資産家の三郎(麿)を祖父に持つ青年タケシ(柳楽)は、何不自由なく贅沢三昧な暮らしを送っていた。物語が動き出すきっかけとなるのは、三郎の所有する競走馬を盗んだ罪で、モンゴル人の男アムラ(バルジンヤム)が逮捕されたこと。第二次世界大戦終了後、モンゴルで捕虜生活を送った三郎には、現地の女性との間に生き別れとなった娘がいた。アムラとの出会いをきっかけに、三郎にモンゴルへと送り出されたタケシ。果てしなく広がるターコイズ色の空の下、言葉も通じず、価値観も異なるタケシとアムラの誌的でユーモラスな旅が始まる。

画像2

海外版予告編には、モンゴルの壮大で美しい大自然が映し出されている。タケシが、大地や人々が放つエネルギーに圧倒されながら、様々な出来事を経て、自らを解放していくさまが、鮮やかにとらえられている。14歳の時に「誰も知らない」(是枝裕和監督)で第57回カンヌ国際映画祭の男優賞を受賞した柳楽は、20代の終わりに新たな挑戦として本作に取り組み、約3週間におよぶモンゴルでの過酷な撮影を経験した。「(タケシが)大人になっていく道のりが、僕自身の成長記録とも重なっている」「即興的な演技は『誰も知らない』以来初めてで、このやり方が好き」と思いを明かしている。

ターコイズの空の下で」は、2月26日から新宿ピカデリーほか全国で順次公開される。なお新宿ピカデリーでは、同19日17時45分からの先行プレミアム上映と、上映前の舞台挨拶を実施。チケット(税込2000円)は、劇場の公式サイト(https://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/movie/detail/?cinemaid=T0025777&mo=33406&type=0)で販売されている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

(C)TURQUOISE SKY FILM PARTNERS / IFI PRODUCTION / KTRFILMS

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「バイオハザード」最新作の本編映像 牢獄でゾンビに襲われたレオン、助けたのは…

    1

    「バイオハザード」最新作の本編映像 牢獄でゾンビに襲われたレオン、助けたのは…

    2022年1月21日 15:00
  2. 永野芽郁、感情むき出し&体当たりの演技で新境地!「マイ・ブロークン・マリコ」映画化

    2

    永野芽郁、感情むき出し&体当たりの演技で新境地!「マイ・ブロークン・マリコ」映画化

    2022年1月21日 07:00
  3. 【コラム/細野真宏の試写室日記】「ARASHI 5×20 FILM」が映画業界に巻き起こす現象とは?<2021年興行収入ランキング>

    3

    【コラム/細野真宏の試写室日記】「ARASHI 5×20 FILM」が映画業界に巻き起こす現象とは?<2021年興行収入ランキング>

    2022年1月21日 09:00
  4. ジャレット・レト主演「モービウス」4月1日に日米同時公開 日本版ポスターお披露目

    4

    ジャレット・レト主演「モービウス」4月1日に日米同時公開 日本版ポスターお披露目

    2022年1月21日 12:00
  5. 「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督が撮影裏話を語る! スペシャル映像披露

    5

    「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星、藤井道人監督が撮影裏話を語る! スペシャル映像披露

    2022年1月21日 18:00

今週