山田洋次監督と沢田研二、菅田将暉らが紡ぐ奇跡の物語「キネマの神様」4月16日公開、特報映像お披露目

2020年12月1日 08:00

映画を軸に、時代を超えて繰り広げられる愛と友情の物語
映画を軸に、時代を超えて繰り広げられる愛と友情の物語

松竹映画の100周年を記念し、人気作家・原田マハの同名小説を山田洋次監督が映画化した「キネマの神様」の公開日が2021年4月16日に決定。このほど特報動画がお披露目された。

かつては撮影所で働き、何よりも映画を愛していたが、家族には見放されたダメ親父のゴウを主人公に、時代を超えて繰り広げられる愛と友情の物語。ゴウ役は当初、志村けんさんが務める予定だったが、志村さんが新型コロナウイルス感染症の肺炎により降板。後に死去したことから、かつて志村さんと同じ事務所でもあった沢田研二が意思を継ぎ、代役としてゴウを演じることになった。現在のゴウを沢田、若き日のゴウを菅田将暉が2人1役で演じる。そのほか、永野芽郁宮本信子野田洋次郎小林稔侍寺島しのぶ北川景子ら豪華キャスト陣が共演。

特報映像は、若き日のゴウ(菅田)が映画制作に奮闘していた頃の映画を、現在のゴウ(沢田)が懐かしさと寂しさ溢れるまなざしで鑑賞する印象的なシーンから始まる。全身全霊を傾で夢を追い駆ける若きゴウ、一方で、妻・淑子(宮本)から指摘されるまで思い出せなかった程、かつての情熱と輝きを失った現在のゴウ。夢を諦めた男が、過去の自分と再会し、ゴウを支える家族・友人たちが映し出されたエモーショナルな映像に仕上がっている。

キネマの神様」は、21年4月16日全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース