堤真一&石田ゆり子が語る家族観 大事なのは“違いを尊重し合う”こと

2020年10月10日 08:00

夫婦を演じた「望み」は公開中
夫婦を演じた「望み」は公開中

堤幸彦監督がメガホンをとった「望み」が、10月9日から公開された。「愛する息子は殺人犯か、それとも被害者か」という“究極のシチュエーション”に置かれた一家の運命を描く本作。初共演で夫婦を演じた堤真一石田ゆり子に、撮影の思い出や家族との向き合い方を聞いた。

建築家として活躍する石川一登(堤)は、高級邸宅で平和に暮らしていたが、高校生の息子・規士が家を出たきり帰ってこなくなってしまう。行方を捜すうちに、規士が同級生の殺人事件に関わっている疑いが浮上してくる。被害者であろうとも規士の無実を信じたい一登、犯人であっても生きていてほしいと願う妻の貴代美(石田)、将来が壊されると不安を募らせる規士の妹・雅。それぞれの思いが交錯する中、事態は思わぬ方向へと突き進んでいく。

画像2

一家の大黒柱であり、思春期の息子を持つ一登を演じた堤は、自身のある経験から規士の目線で脚本を読んだそう。

堤「僕もほぼ学校に行っていなかった時期があります。そのとき、事実とは違うのに僕が暴走族に入ってバイクに乗っているという噂を流されて、それが母親の耳に入った。結局また学校に行くようになったのですが、精神的に負担になっていたであろう時期に、母親から『あんたを私は信じる』って言われました。それを言われたときに、この人のために悪いことはしちゃいけないって思いました。そういうことがあったので、脚本は息子の気持ちで読みました」

夫婦を演じた石田とは、本作が初共演となる。「シリアスな話なので、普段の会話はなるべく明るくしようと思っていましたが、石田さんは本番も天然なことをいろいろしてくる。段取りが覚えられないようで(笑)、すごく和ませてくれました」と感謝する。

「そんなことないです」とはにかんだ石田は、「今まで堤さんの舞台やドラマ、映画を拝見してきたので、いつかご一緒したいと思っていました。さすがだなと思うのは、台本通りにされることです。すべてが頭に入っている状態で現場にいらっしゃるんです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、私は現場の空気優先でそのとき考えようとしてしまうところがあるので、ほかの方の動きによって、自分の動きを少し変えてしまうところもあります。堤さんからはしょっちゅう『台本通りにやらないね』と言われて、すみませんでした」と反省し、堤と笑い合う。

画像3

「すごく楽しい現場だった」と口をそろえる通り、子ども役を演じた岡田健史清原果耶ともいいコミュニケーションがとれたそう。

堤「撮影に入る前に家族で会いたいとお願いして、1回みんなで食事をしました。撮影で『初めまして、ここから家族です』と言われてもどこか気を遣ってしまうところがあると思うので。くだらない話でもいいからしたいと制作の方に伝えたら、『じゃあみんなでディズニーランド行きますか』と言われたのですが、いや、そういうことじゃないって(笑)」

石田「2人共とてもしっかりしていて、集中力もすごかったです。和やかな家族のシーンが少ないなか、全員が集中できていたので、とても頼もしかったですね。家族の雰囲気を出すのが一番難しいので、堤さんの食事会もとてもありがたかったです」

画像4

規士の事件をきっかけに、石川家は支え合い、ぶつかり合い、“家族”としての在り方について深く考えさせられる。本作のように家族と考えの違いが浮き彫りになったとき、2人だったらどう対処するのか。夫婦役を演じたのは偶然ではないと感じさせるような、共通する家族観が垣間見える答えが返ってきた。

堤「基本的に家族は自分とは違うと考えています。たまに娘の顔を見ながらこの子はどこからきたんだろうって、いまだに思ったりします。とにかく人間は一人ひとり違って、何を考えているかはわからない。家族であっても考え方が違うのが当たり前、もとから違う生き物だと常に思って接するようにしています」

石田「堤さんがおっしゃっているように、家族でも違いを尊重し合うしかないと思います。家族のなかでも相性がありますよね。どこかで他人であることを尊重することが大切だと思っていて、両親だと思うと腹が立つけれど、知らないおじいちゃんおばあちゃんには優しくできたりします。親だとどこかに甘えや期待が出てしまうので、意見が合わないようなときはそれを忘れて、尊重するようにしました」

画像5

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 霊的ボリシェヴィキ
  • アルカディア
  • マシニスト
  • HAZE
  • カオス
  • 江戸川乱歩の陰獣
  • ロード・オブ・セイラム
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅰ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅱ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅲ
OSOREZONE

Powered by 映画.com