移り変わる東京で、「好き」の気持ちはしぶとく残る――山田杏奈×鈴木仁ダブル主演作、新ビジュアル

2020年9月23日 19:00

岡崎京子氏の人気漫画を実写映画化する「ジオラマボーイ・パノラマガール」
岡崎京子氏の人気漫画を実写映画化する「ジオラマボーイ・パノラマガール」

[映画.com ニュース]山田杏奈鈴木仁がダブル主演を務め、岡崎京子氏の人気漫画を実写映画化する「ジオラマボーイ・パノラマガール」のメインビジュアルがお披露目された。夜から朝へと移ろう東京、空に高層ビルが伸びていく“つくりかけの街”を舞台に、“今”を生きる若者たちの姿を活写。「時代が、街が、変わっても、『好き』の気持ちは、しぶとく残る――恋するふたりの小さな助走の物語。」という言葉が切り取られている。

1980~90年代に若者たちのリアルな恋や友情を描く漫画を数多く生み出し、今なお熱狂的なファンを持つ岡崎氏が89年に刊行した同名漫画(マガジンハウス刊)が原作。瀬田なつき監督(「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」「PARKS パークス」)がメガホンをとり、舞台を現代の東京に置き換え、スクラップ&ビルドを繰り返す街で生きる何にも染まっていない若者たちを、ファンタジックでポップな世界観で描き出した。山田と鈴木に加え、遊屋慎太郎斉藤陽一郎黒田大輔成海璃子森田望智大塚寧々らが顔をそろえた。

主人公は東京に住む平凡な高校生・渋谷ハルコ(山田)、16歳。ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチ(鈴木)に一目惚れする。“世紀の恋”だとはしゃぐハルコに対して、真面目で大人しそうな雰囲気のケンイチは、受験を目前にして衝動的に学校を辞めてしまい、それどころではない。さらにケンイチは、勢いでナンパした危険な香りのする女の子・マユミ(森田)に夢中になっていく。

ジオラマボーイ・パノラマガール」は、11月6日から新宿ピカデリー、渋谷パルコ8F WHITE CINE QUINTOほか全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ジオラマボーイ・パノラマガール
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

(C)2020 岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース