ケイトリン・デバー&マイケル・キートン、鎮痛剤依存症に迫る新ドラマ「Dopesick」に出演

2020年9月22日 09:00

ケイトリン・デバー(左)とマイケル・キートン
ケイトリン・デバー(左)とマイケル・キートン

[映画.com ニュース] 映画「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」やドラマ「アンビリーバブル たった1つの真実」で注目を集めた若手女優ケイトリン・デバーが、Huluの新ドラマ「Dopesick(原題)」に、マイケル・キートンとともに主演することがわかった。

米Deadlineによれば、本作は2018年に出版されたベス・メイシー著のベストセラー・ノンフィクション「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」を、8話構成でドラマ化するリミテッドシリーズ。「Empire エンパイア 成功の代償」のダニー・ストロングと、「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のウォーレン・リトルフィールドの企画で、ストロングが執筆した脚本をもとに、「レインマン」のバリー・レビンソンが監督する。

「Dopesick(原題)」は、アメリカで依存症患者が激増しているオピオイド系鎮痛剤の蔓延について、バージニア州の炭鉱コミュニティを蝕んでいく様子、DEA(米麻薬取締局)の内部、富を築く大手製薬会社ビッグ・ファーマの実体を描く。ビッグ・ファーマの陰謀に巻き込まれていく善良な医師サミュエル・フィニックスをキートンが演じ、デバーはフィニックス医師の患者で、炭鉱で働く女性労働者ベッツィ役を演じる。ほかにピーター・サースガードが共演し、ストロング、リトルフィールド、レビンソン、キートンが制作総指揮を務める。2021年に配信スタート予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    1

    【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    2020年10月25日 11:00
  2. 一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2

    一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2020年10月25日 16:00
  3. 「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    3

    「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    2020年10月25日 07:00
  4. ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    4

    ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    2020年10月25日 09:00
  5. ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    5

    ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    2020年10月25日 13:00

今週