10月放送「キミ戦」に竹達彩奈、笠間淳が帝国の“使徒聖”役で出演

2020年8月27日 15:30

キャラクタービジュアルも披露
キャラクタービジュアルも披露

[映画.com ニュース] 10月から放送がスタートするテレビアニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」に、竹達彩奈笠間淳の出演が決定した。あわせて、2人の演じるキャラクタービジュアルも披露されている。

同作は、細音啓氏のファンタジー小説(KADOKAWA刊)が原作。機械文明が高度に発達した「帝国」と、超常の力を駆使する「ネビュリス皇庁」が争う世界を舞台に、若き剣士イスカ(CV:小林裕介)と、“氷禍の魔女”と恐れられる王女アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)が宿敵として戦場で出会い、惹かれ合っていく。大沼心と湊未來が共同で監督を務め、SILVER LINK.がアニメーション制作を担う。

竹達と笠間が演じるのは帝国の最高戦力“使徒聖”の称号をもつキャラクター。竹達は天帝の参謀を務める璃洒(りしゃ)・イン・エンパイア役、笠間は光学迷彩スーツに身を包む暗殺者ネームレス役を演じる。

主題歌CDの発売日も明らかになった。音々・アルカストーネ役として出演する石原夏織が歌うオープニング主題歌「Against.」が11月4日、アリスリーゼ(雨宮)によるエンディング主題歌「氷の鳥籠」が11月11日にリリース。「Against.」は表題曲のミュージックビデオほかを収めたDVD付きの初回限定盤が同時発売され、「氷の鳥籠」には挿入歌「奏響エトランゼ」も収録される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース