脳が“ととのう”最狂トランス昇天映画「脳天パラダイス」特報完成! 公開は11月20日

2020年8月26日 09:00

観たら、キマる
観たら、キマる

[映画.com ニュース]「ロビンソンの庭」「水の声を聞く」などで知られる山本政志監督の最新作「脳天パラダイス」の公開日が11月20日に決定。あわせて、「観たら、キマる」という強烈なキャッチコピーを添えたキービジュアルと特報映像もお披露目された。

本作は、山本監督が「理屈抜きにブッ飛んだ映画を撮ろう」という思いのもと完成した作品。注目の演劇ユニット「コンプソンズ」の作・演出を担う金子鈴幸が脚本を手掛け、南果歩いとうせいこう田本清嵐小川未祐玄理村上淳古田新太柄本明らが出演している。

物語の舞台は、東京郊外にある大豪邸。父・修次(いとう)の破産により引っ越しを控えた笹谷家の面々は、それぞれの思いに沈んでいた。娘のあかね(小川)は、ふがいない父にいら立ちながら、やけくそ気味に「今日、パーティーをしましょう。誰でも来てください」とTwitterに投稿。そして、一家離散の危機に直面した家族の前に次々と珍客が訪れ、どんちゃん騒ぎが繰り広げられていく。客たちを追い出そうとする修次だったが、かつて恋人を作って家を出た元妻・昭子(南)が現れる。

特報は、毒を含んだキワドさに満ちあふれ、冒頭で家族を題材にしたドラマが始まるかと思いきや、すぐに夏祭りのようなハイテンションと祝祭感に満ちた展開に。やがて“お焚き上げ”状態に至ると、セックス、ワイヤーアクション、怪獣、ミュージカルと、あらゆる要素が目まぐるしく投入される。

また、笹谷家を訪れる珍客たちの姿も活写。イキ過ぎの元妻、親戚のオバちゃん、謎の坊主、やる気のない引越し屋、台湾人観光客、近所の小学生、幸福なカップル、酔っ払いOL、強面の男たち、麻薬製造人、幽霊、猫などが登場し「バッキバキに脳が“ととのう”最狂トランス昇天映画」というテロップが挿入されている。

脳天パラダイス」は、11月20日から東京・新宿武蔵野館ほか全国公開。なお、10月30日まで、MotionGallery(https://motion-gallery.net/projects/NOUTEN-PARADISE)にてクラウドファンディングを実施中。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース