「マトリックス」3部作はトランスジェンダーの物語だった リリー・ウォシャウスキー監督が認める

2020年8月12日 11:00

全面的に肯定した
全面的に肯定した

[映画.com ニュース] 「マトリックス」3部作を手掛けたラナ&リリー・ウォシャウスキー姉妹の妹リリーが、同作はトランスジェンダーとして生きることの寓話であると明らかにした。

リリーはこのほど、NetflixのYouTubeチャンネルNetflix Film Clubに登場。ファンのあいだで、「マトリックス」3部作がトランスジェンダーとその変化について描いた作品であるとの憶測が広まっていることに関して、「その事実が明るみになって嬉しい」と噂を全面的に肯定した。

マトリックス」3部作は、ラリー・ウォシャウスキーとアンディ・ウォシャウスキー兄弟が脚本・監督を務めているが、ふたりはその後、性別適合手術を終えて女性となり、それぞれラナ・ウォシャウスキーリリー・ウォシャウスキーに改名した経緯がある。

リリーによれば、1999年に公開された「マトリックス」は、トランスジェンダーとして生きることをSF世界で描いたもので、当初は現実と仮想現実のなかでキャラクターの性別が変わる設定だったという。だが、「世の中はまだその心構えができておらず、実業界も準備ができていなかった」ために、ストレートな表現を控えることになったという。しかし、作品の意図を理解したトランスジェンダーの人々から感謝されることがしばしばあったという。

また、リリーは「この作品を書いていたときに、自分のトランスジェンダーとしての要素がどれだけ影響していたのかはわからない。でも、私たちが常に想像の世界に生きていたのは事実で、SFやファンタジーの世界にひかれて、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』で遊んでいた」と話し、「新しい世界を作り上げることに夢中だったからこそ、映画作家としてそれまで描かれていなかったことを想像することができたのね」と作品への影響を明かしている。

現在、姉のラナは「マトリックス4(仮題)」を製作中。「マトリックス4(仮題)」の脚本は、監督を務めるラナとアレクサンダル・ヘモン(「センス8」)、デビッド・ミッチェル(「クラウドアトラス」原作者)が共同で執筆している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 三浦春馬さんが五代友厚を演じた主演作「天外者」12月公開! 三浦翔平、西川貴教らと共演

    1

    三浦春馬さんが五代友厚を演じた主演作「天外者」12月公開! 三浦翔平、西川貴教らと共演

    2020年9月24日 06:00
  2. 「テネット」グランドシネマサンシャインでのIMAXオープニング成績が世界1位を記録!

    2

    「テネット」グランドシネマサンシャインでのIMAXオープニング成績が世界1位を記録!

    2020年9月24日 12:00
  3. 入江悠監督「シュシュシュの娘」主役は福田沙紀! 吉岡睦雄、根矢涼香、井浦新らも出演

    3

    入江悠監督「シュシュシュの娘」主役は福田沙紀! 吉岡睦雄、根矢涼香、井浦新らも出演

    2020年9月24日 20:30
  4. 英国エリザベス女王、ハーベイ・ワインスタインから勲章をはく奪

    4

    英国エリザベス女王、ハーベイ・ワインスタインから勲章をはく奪

    2020年9月24日 14:00
  5. 試行錯誤を何度も重ねた――「テネット」主演俳優&スタッフが明かす“時間逆行”アクションの裏側

    5

    試行錯誤を何度も重ねた――「テネット」主演俳優&スタッフが明かす“時間逆行”アクションの裏側

    2020年9月24日 16:00

今週