「マトリックス」3部作はトランスジェンダーの物語だった リリー・ウォシャウスキー監督が認める

2020年8月12日 11:00

全面的に肯定した
全面的に肯定した

[映画.com ニュース] 「マトリックス」3部作を手掛けたラナ&リリー・ウォシャウスキー姉妹の妹リリーが、同作はトランスジェンダーとして生きることの寓話であると明らかにした。

リリーはこのほど、NetflixのYouTubeチャンネルNetflix Film Clubに登場。ファンのあいだで、「マトリックス」3部作がトランスジェンダーとその変化について描いた作品であるとの憶測が広まっていることに関して、「その事実が明るみになって嬉しい」と噂を全面的に肯定した。

マトリックス」3部作は、ラリー・ウォシャウスキーとアンディ・ウォシャウスキー兄弟が脚本・監督を務めているが、ふたりはその後、性別適合手術を終えて女性となり、それぞれラナ・ウォシャウスキーリリー・ウォシャウスキーに改名した経緯がある。

リリーによれば、1999年に公開された「マトリックス」は、トランスジェンダーとして生きることをSF世界で描いたもので、当初は現実と仮想現実のなかでキャラクターの性別が変わる設定だったという。だが、「世の中はまだその心構えができておらず、実業界も準備ができていなかった」ために、ストレートな表現を控えることになったという。しかし、作品の意図を理解したトランスジェンダーの人々から感謝されることがしばしばあったという。

また、リリーは「この作品を書いていたときに、自分のトランスジェンダーとしての要素がどれだけ影響していたのかはわからない。でも、私たちが常に想像の世界に生きていたのは事実で、SFやファンタジーの世界にひかれて、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』で遊んでいた」と話し、「新しい世界を作り上げることに夢中だったからこそ、映画作家としてそれまで描かれていなかったことを想像することができたのね」と作品への影響を明かしている。

現在、姉のラナは「マトリックス4(仮題)」を製作中。「マトリックス4(仮題)」の脚本は、監督を務めるラナとアレクサンダル・ヘモン(「センス8」)、デビッド・ミッチェル(「クラウドアトラス」原作者)が共同で執筆している。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
マトリックス (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」厳しいオーディションの裏側をデルフィー役・宝意紗友莉が語る

    1

    舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」厳しいオーディションの裏側をデルフィー役・宝意紗友莉が語る

    2022年5月20日 09:00
  2. 「トイ・ストーリー3」「トイ・ストーリー4」金曜ロードショーで2週連続・本編ノーカット放送

    2

    「トイ・ストーリー3」「トイ・ストーリー4」金曜ロードショーで2週連続・本編ノーカット放送

    2022年5月20日 12:00
  3. 田中圭×城定秀夫監督「女子高生に殺されたい」5月27日からAmazonプライムビデオで独占配信

    3

    田中圭×城定秀夫監督「女子高生に殺されたい」5月27日からAmazonプライムビデオで独占配信

    2022年5月20日 10:00
  4. フォード・サンダーバードを運転する西島秀俊が渋い! 斎藤工、宮沢氷魚らとともに強盗稼業「グッバイ・クルエル・ワールド」特報

    4

    フォード・サンダーバードを運転する西島秀俊が渋い! 斎藤工、宮沢氷魚らとともに強盗稼業「グッバイ・クルエル・ワールド」特報

    2022年5月20日 07:00
  5. 「TOKYO VICE」が生まれるまで――キャスティング秘話、日本文化・社会への徹底したアプローチ

    5

    「TOKYO VICE」が生まれるまで――キャスティング秘話、日本文化・社会への徹底したアプローチ

    2022年5月20日 13:00

今週