ユニバーサル、ティムール・ベクマンベトフ監督の“スクリーンライフ”映画を5本獲得

2020年6月23日 15:00

ティムール・ベクマンベトフ
ティムール・ベクマンベトフ

[映画.com ニュース]米ユニバーサル・ピクチャーズが、カザフスタン出身のティムール・ベクマンベトフ監督の制作会社Bazelevsが手がける“スクリーンライフ”映画を5作品獲得する契約を締結したと、米Deadlineが報じている。

スクリーンライフ映画とは、「search サーチ」や「アンフレンデッド ダークウェブ」のようにコンピューターや携帯電話の画面のなかだけで展開する映画のことで、ベクマンベトフ監督はこの2作品でプロデューサーを務めている。「アンフレンデッド ダークウェブ」は製作費100万ドルに対して世界総興収6500万ドル、「search サーチ」は製作費88万ドルに対して世界総興収7500万ドルと、利益率が非常に高い。

アンフレンデッド ダークウェブ」を配給したユニバーサルは、このほどベクマンベトフ監督の制作会社Bazelevsが手がけるスクリーンライフ映画の新作5本を獲得する契約を結んだ。ユニバーサルは、ベクマンベトフ監督のハリウッドデビュー作「ウォンテッド」(08)を手がけている。

ユニバーサルのダナ・ラングレー会長は、「ティムールは、すべての作品に新鮮な視点と独自の個性を持ちこんでくれます」「業界が変わっていくなかで、ティムールは世界中の人々とコネクトする新たな方法を見いだしました。ティムールとBazelevsのチームは、物語技法とテクノリジーをクリエイティブに融合し、現代的で、共感できる映画を作っています。パートナー関係を延長することで、今後も成功を共有していきたいと思っています」とベクマンベトフ監督の先読み力を絶賛している。

一方、ベクマンベトフ監督は「スクリーンライフ」の手法をあらゆるジャンルに持ち込むつもりだという。「ロマンティックコメディからSF、ホラー、ファンタジー、『search サーチ』のような犯罪ミステリーまで描くことができます。観客はスクリーンライフの言語を完璧に理解しているので、共感できます。なぜなら、スクリーンライフこそ、私たちの日常を反映しているのですから」

スクリーンライフ映画は、通常の映画と違って、リモートワークが可能というメリットがある。ベクマンベトフ監督は、「出演者やクルーがみんな安全な家にいたまま、映画を作ることができます。みんなそれぞれ異なる街に暮らし、直接会うことなしに、ただ画面を録画すればいいのです」と語り、大ヒット映画「ウォンテッド」の続編もスクリーンライフのフォーマットで製作可能だと言う。「現代の殺し屋が銃を手に走りまわるとは思えません。いまやドローンやコンピューター技術がありますから、もはや銃弾を曲げる必要はありません。曲げるのはアイデアだけです」

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
アンフレンデッド:ダークウェブ (吹替版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【本日再放送!】木村拓哉主演「教場」キャスト・キャラクター・あらすじ 生徒役で工藤阿須加、三浦翔平、川口春奈、林遣都、大島優子らが出演

    1

    【本日再放送!】木村拓哉主演「教場」キャスト・キャラクター・あらすじ 生徒役で工藤阿須加、三浦翔平、川口春奈、林遣都、大島優子らが出演

    2023年4月1日 10:00
  2. 池松壮亮が刻んだ、肉体の記憶【「シン・仮面ライダー」特別インタビュー】

    2

    池松壮亮が刻んだ、肉体の記憶【「シン・仮面ライダー」特別インタビュー】

    2023年4月1日 18:00
  3. 「ブレット・トレイン」「TANG タング」「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」“何度も観たい”おすすめ映画一覧【アマプラ/4月配信】

    3

    「ブレット・トレイン」「TANG タング」「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」“何度も観たい”おすすめ映画一覧【アマプラ/4月配信】

    2023年4月1日 11:00
  4. 【今日はエイプリルフール!】“嘘”がテーマのおすすめ映画10選

    4

    【今日はエイプリルフール!】“嘘”がテーマのおすすめ映画10選

    2023年4月1日 08:00
  5. 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」吹替版で面白さが格段にアップする背景と興行収入の行方【コラム/細野真宏の試写室日記】

    5

    「ダンジョンズ&ドラゴンズ」吹替版で面白さが格段にアップする背景と興行収入の行方【コラム/細野真宏の試写室日記】

    2023年4月1日 17:00

今週