「ハングオーバー!」チーム最新作、スマホが持ち主をストーキング「ジェクシー! スマホを変えただけなのに」8月14日公開

2020年6月4日 17:00

嫉妬に狂ったスマホに命を狙われる主人公
嫉妬に狂ったスマホに命を狙われる主人公

[映画.com ニュース]「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(09)の原案・脚本を手掛けた、ジョン・ルーカススコット・ムーアのヒットメーカーコンビの新作で、“恋するスマホ”の暴走ストーキングを描いた「JEXI(原題)」が「ジェクシー! スマホを変えただけなのに」の邦題で8月14日から公開される。

スマホ依存症の主人公が、ライフコーチ機能“ジェクシー”が搭載されたスマホに“ストーキング”されるというコメディ。暴走するスマホに命を狙われる、主人公フィルを演じるのは、新進気鋭コメディ俳優アダム・ディバイン。フィルがジェクシーの後押しで恋人になるケイトを演じるのは、アレクサンドラ・シップ。フィルの職場の上司カイ役はマイケル・ペーニャ。そしてジェクシーの声をローズ・バーンが務めている。

子どもの頃からスマホ依存症で、恋人も友だちもゼロのフィル。ある日、機種変更したスマホにはライフコーチ機能が搭載されていた。全ての個人情報を把握し、ジェクシーと名乗る”彼女”のコーチングで人生が変わり始めたフィルだったが、念願の恋人が出来た時、ジェクシーに異変が。「フィルは私の男!」とジェクシーの暴走が始まり、上司への暴言メール送信、銀行口座から預金の流出、秘密の写真を一斉送信と、嫉妬に狂ったジェクシーにフィルは命を狙われる。

「ジェクシー! スマホを変えただけなのに」は、8月14日からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース