日本中を熱狂させた「東映オールスター時代劇」集結! 時代劇専門チャンネルで特集放送

2020年5月29日 06:00

時代劇専門チャンネル6月放送「水戸黄門(1957)」
時代劇専門チャンネル6月放送「水戸黄門(1957)」

[映画.com ニュース] CS放送局・時代劇専門チャンネルが、新企画「百花繚乱!東映オールスター時代劇」を、6~12月の7カ月間にわたり放送することがわかった。

“東映オールスター時代劇”とは、昭和30年代、時代劇映画黄金期に配給収入ランキング上位を独占し、老若男女問わず日本中を熱狂させた一大ジャンルのこと。片岡千恵蔵市川右太衛門、中村錦之助、大川橋蔵東千代之介大友柳太朗月形龍之介北大路欣也といった東映のスターたちが年2回、正月とお盆に、ひとつのスクリーンで一堂に会する。当時の人々にとって、“東映オールスター時代劇”は、まさに「夢の映画」だったのだ。

今回の企画では“東映オールスター時代劇”を毎月1本ずつ放送する。6月は、月形龍之介主演による「水戸黄門」シリーズ第11作にして初のカラー作品「水戸黄門(1957)」(佐々木康監督作)をラインナップ。当時若手スターの筆頭として売り出していた大川橋蔵が格さん、東千代之介が助さん、中村錦之助を重要な役どころ“宇之吉”に据えつつ、片岡千恵蔵市川右太衛門が脇を固め、オールスター時代劇としての重みをもたせている。

身分を隠し、佐々木助三郎、渥美格之進とともに諸国を漫遊していた水戸黄門。江戸に入った黄門は、越後高田藩の国家老・小栗美作(薄田研二)の行列を、町奉行所が警護していることに不審を抱き、助三郎と格之進に事情を探らせる。6月7日午後7時、6月14日午後3時、6月20日午後10時、6月30日午後1時(午後のスペシャルアワー)に放送される。

時代劇専門チャンネル7月放送「血斗水滸伝 怒涛の対決」
時代劇専門チャンネル7月放送「血斗水滸伝 怒涛の対決」

7月の作品は、市川右太衛門が主演した究極の任侠時代劇「血斗水滸伝 怒涛の対決」。天保年間に現在の千葉県で実際にあった、笹川繁蔵と飯岡助五郎の抗争を描いた「天保水滸伝」。講談や浪曲などでも知られるこの侠客伝を、繁蔵を市川、助五郎を進藤英太郎が演じ、片岡千恵蔵が“横綱”国定忠治に扮している。オールスター映画屈指のキャストの豪華さはもちろん、1人1人のスターにきっちりと見せ場を作る脚本の見事さ、ラストの敵味方入り乱れての大立ち回りの迫力など、時代劇の魅力が詰め込まれた1作だ。

飯岡助五郎一家と笹川繁蔵一家の争いは一触即発の状況。争いを避け我慢を重ねる繁蔵だったが、助五郎一家のあまりの仕打ちに、ついに決戦を決意した。そこに、繁蔵に身を寄せる病床の浪人・平手造酒(大友柳太朗)や、義理と人情の板挟みに苦しむ助五郎の子分・政吉(中村錦之助)らの運命が重なってゆく。7月5日午後7時、7月12日午後3時、7月24日午後11時(時代劇プレミアム23)、7月29日午後1時(午後のスペシャルアワー)に放送される

時代劇専門チャンネル8月放送「任侠清水港」
時代劇専門チャンネル8月放送「任侠清水港」

8月の作品となっているのは、松田定次監督作「任侠清水港」。9月の「任侠東海道」、10月の「任侠中仙道」、11月の「勢揃い東海道」、12月の「赤穂浪士(1961)」は、時代劇専門チャンネル初放送となる(8月以降のスケジュールは、現在調整中)。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース