「ウォーキング・デッド」シーズン10最終話、新型コロナの影響で放送延期

2020年3月26日 17:00

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの感染拡大により、ハリウッド映画が次々と製作中断となるなかで、米人気ドラマ「ウォーキング・デッド」も影響を受けたようだ。

「ウォーキング・デッド」の全米放送を手がける米AMCは、現在放送中のシーズン10を4月5日(現地時間)放送の第15話で終了すると公式ツイッターで発表。最終話となる第16話が、新型コロナウイルスの感染拡大防止策により、ポストプロダクション作業を終えることができなくなったためで、シーズン10最終話に関しては年内に特別番組として放送する予定だという。

スピンオフドラマ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」に関しても、新型コロナウイルスの影響でシーズン6の制作を中断。4月13日に撮影を再開する予定だ。さらに、同12日に全米放送をスタートする予定だった新スピンオフ「ウォーキング・デッド ビヨンド/ワールド(原題)」も、放送延期となっている。

(映画.com速報)

関連ニュース