「攻殻機動隊 SAC_2045」とファッション誌がコラボ 神山&荒牧監督とmillennium paradeの座談会掲載

2020年3月26日 16:30

[映画.com ニュース] 「攻殻機動隊」シリーズ初のフル3DCG作品として4月からNetflixで全世界独占配信される「攻殻機動隊 SAC_2045」と、ファッション誌「HIGHSNOBIETY JAPAN」のコラボレーションが決定した。

コラボでは、3月30日発売の「HIGHSNOBIETY JAPAN」04号の巻頭特集として、監督の神山健治荒牧伸志に加え、オープニング主題歌「Fly with me」を手がける「millennium parade(ミレニアムパレード)」の常田大希(King Gnu)、佐々木集、神戸雄平(PERIMETRON)の5人による座談会を、撮り下ろし写真とともに掲載する。なお、5人は4月22日に発売される「Fly with me」のCDに付属するDVDでも、トークセッションを行なっている。

「HIGHSNOBIETY JAPAN」04号は、常田が表紙を飾る通常版と、常田と「攻殻機動隊」シリーズの顔ともいうべき多脚型の思考戦車・タチコマが共演した表紙の限定版の2種が発売。限定版の表紙デザインは、「millennium parade」「King Gnu」に携わるクリエイティブ集団「PERIMETRON」が手がける。価格は各1500円(税抜き)で、限定版はタワーレコード一部店舗とAmazonのみでの取り扱いとなる。

タワーレコード、Amazon、HMV&BOOKS onlineでは購入特典として、通常版と限定版、それぞれの表紙と同じ絵柄のポストカードを配布する。また、タワーレコード渋谷店と、タワーレコード町田店では、表紙と同カットの大型パネル展も実施予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース