三島有紀子監督、「Red」のこだわり夏帆&妻夫木聡に伝わらず「ショック過ぎて帰りたい」

2020年2月11日 13:00

どんな時に人を好きになるか?に返答
どんな時に人を好きになるか?に返答

[映画.com ニュース] 直木賞作家・島本理生さんの恋愛小説を映画化した「Red」の女性限定試写会が2月10日、東京・渋谷ユーロライブで行われ、上映後に出演の夏帆妻夫木聡三島有紀子監督がトークショーに出席した。

家庭に居場所のない主婦が、10年ぶりにかつての恋人と再会し自らを解放していく物語。主演の夏帆は、妻夫木とのラブシーンについて「いっぱいいっぱいだったので、考える余裕がなかった。見せなくていけない姿はあるけれど、理屈ではなく無我夢中だった。覚えていないに近い」と感慨深げに振り返った。

妻夫木も、「デリケートなシーンだったので、メインスタッフのみでリハーサルをやったけれどつかめない何かがあった。でも、試行錯誤をしていく中で本番の何回目かで出た何かがあって、感動的だった。塔子(夏帆)の魂の叫びが見えるよう、できる限り支えられればと思いながらやっていた」と述懐。さらに「カメラマンも、僕から見た塔子の映像が欲しかったんでしょう。撮りながら、僕をどんどん押してきたんですよ」と明かし、笑いを誘った。

また妻夫木は、2人が窓から外を見るシーンが印象的だったそうで、三島監督が「私も好きなシーンで、実はあそこで水平線の向こうの波の音が鳴っているんですよ」とこだわりを披露。しかし、妻夫木が「正直、気づかなかった」、夏帆も「私も…」と白状したため、「ショック過ぎて帰りたい」と嘆いた。

この日の観客や公式SNSで募集した恋愛相談では、生まれて25年間、彼氏のいないという夏帆ファンの女性から「どのような時に人を好きになるか?」という質問に、夏帆は「一緒にいない時に、無意識に考えてしまった時かなあ」と回答。妻夫木は、「感性が合う瞬間。この前も妻(マイコ)と一緒に『はじめてのおつかい』を見て僕が号泣して、隣を見たら妻も号泣していたので好きだと思った」とのろけた。

Red」は、2月21日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース