世界中のファンを魅了する岩手のジャズ喫茶 マスターの“ジャズな生き様”に迫るドキュメンタリー

2020年2月11日 09:00

「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」5月29日公開
「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」5月29日公開

[映画.com ニュース] 世界中からジャズやオーディオのファンが集まる岩手・一関市のジャズ喫茶「ベイシー」と、極上の音を作り出すマスター・菅原正二の“ジャズな生き様”に迫るドキュメンタリー「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」が、5月29日に公開されることがわかった。

世界からの注目を集める、日本独自の文化・ジャズ喫茶。50年にわたり営業してきた「ベイシー」には、菅原が生み出す“音”を求め、多くの人々が訪れる。菅原は、開店以来JBLのオーディオシステムを日々調整し、より良い音を探求し続け、聞く者に演奏者がその場に現れたかのような感覚を与える。菅原が不在で営業したことは1日もないという、徹底したこだわりを持っている。

自らもバーを経営し、クリエイターでもある星野哲也が、5年で150時間もの撮影を行った初監督作。菅原がかけるレコードの音をアナログ録音の伝説的名器「ナグラ」で生収録し、同店の空気が感じられる映像となっている。さらに、親交の深い星野監督だからこそ引き出せる、菅原の素顔が垣間見られるようなインタビューをはじめ、渡辺貞夫坂田明、村上“ポンタ”秀一、ペーター・ブロッツマンら世界的なミュージシャンによる生演奏、阿部薫エルビン・ジョーンズの生前のライブなど貴重な映像がおさめられている。

あわせてお披露目されたポスタービジュアルは、菅原の表情に「その男は、レコードを演奏する。」というコピーが添えられている。なお、タイトルにある「Swifty」は、アメリカのジャズピアノ奏者カウント・ベイシーが菅原につけたニックネームだという。

ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」は、5月29日から東京のアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース