ティナ・フェイのミュージカル「ミーン・ガールズ」が再映画化

2020年1月31日 11:00

監督はまだ決まっていない
監督はまだ決まっていない

[映画.com ニュース] 女優・脚本家ティナ・フェイの大ヒットコメディ「ミーン・ガールズ」を米パラマウント・ピクチャーズが再映画化することがわかった。今度はブロードウェイで上演されたミュージカル版の映画化で、米EWによれば、フェイを含むミュージカル製作チームが再結集する。まだ監督は決定していない。

パラマウントが2004年に公開したマーク・ウォーターズ監督の映画「ミーン・ガールズ」は、作家ロザリンド・ワイズマンの小説をフェイが脚色。女子高生たちのスクールカーストの実態を描いたコメディで、リンジー・ローハンレイチェル・マクアダムスアマンダ・セイフライドリジー・キャプランが出演して大ヒットし、学園映画史に残る1作となった。

18年にフェイが脚本、夫の作曲家ジェフ・リッチモンドが音楽、ケイシー・ニコロウが演出を手がけたミュージカル版「ミーン・ガールズ」がブロードウェイで開幕し、トニー賞ミュージカル部門の作品賞、オリジナル楽曲賞など12部門にノミネートされた。2021年春にはロンドン・ウエストエンドでの劇場公演が予定されている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース