伝説の討論会は“言葉と言葉の殴り合い”だった!「三島由紀夫vs東大全共闘」本予告公開

2020年1月29日 12:00

ナビゲーターとして東出昌大が参加
ナビゲーターとして東出昌大が参加

[映画.com ニュース]東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家・三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を切りとったドキュメンタリー「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の本予告編が、このほどお披露目された。

1969年5月13日に行われた討論会には、武装化していた東大全共闘ら1000人を超える学生が結集。警視庁の警護の申し出を断り、単身で赴いた三島との討論は、2時間半にも及んだ。豊島圭介監督がメガホンをとる本作は、19年に発見された貴重な記録映像をリストアし、当時の関係者、現代の文学者、ジャーナリストなどの識者の証言を織り交ぜながら、討論会の全貌を明らかにするもの。ナビゲーターとして、東出昌大が参加している。

本予告では、唯一無二の天才・三島と、反逆のエリート・東大全共闘1000人による“言葉と言葉の殴り合い”が展開。「三島氏にとっての天皇との問題に触れてくるわけです」「あなたは日本人であるという限界を超えることは出来なくなってしまうという」と言葉を向けられれば、三島は「あぁ出来なくていいんだよ」とやり返す。やがて、熱情あふれる討論に触れた識者たちは、それぞれの思いの丈を述べている。

小説家・平野啓一郎氏は「社会を変えていくのは言葉なんですよね」と三島の思いを代弁し、東大全共闘の芥正彦は「言葉が力があった時代の最後だとは思っている」と分析。また、自身の著書で三島を取り上げてきた神戸女学院大学名誉教授の内田樹氏が「この1000人を説得しようと思っているんですよね」と語り、三島と文通をしていたことが広く知られている作家え僧侶の瀬戸内寂聴氏が「あんな目、見た事ない」と話す光景が収められている。

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」は、3月20日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

(C)SHINCHOSHA (C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース