「フォードvsフェラーリ」没入感を実現した監督の“情熱” 白熱レースシーンのメイキング公開

2020年1月24日 14:00

レーサーの感覚を追体験できる!
レーサーの感覚を追体験できる!

[映画.com ニュース] ル・マン24時間耐久レースをめぐる実話を映画化した「フォードvsフェラーリ」(公開中)のメイキング映像が披露された。迫力あるレースシーンの撮影模様が収められている。

カーエンジニアのキャロル・シェルビーマット・デイモン)は、フォード・モーター社からル・マンでの勝利という困難なミッションを与えられる。常勝チームのフェラーリに勝つべく、イギリス人レーサーのマイルズ(クリスチャン・ベール)とタッグを組み、意地とプライドをかけた闘いへと身を投じていく。第94回アカデミー賞では、作品賞を含む4部門にノミネートされた。

メイキング映像は、レーシングカーが数多く走る中、マイルズの車を撮影用の特製車両の荷台部分に取り付け、実際にサーキットを走りながら撮影する様子が見てとれる。本作のプロデューサーを務めたジェンノ・トッピングは、ジェームズ・マンゴールド監督のこだわりのもと「観客の心に響いて身近に感じられるように、登場人物が運転しているあの瞬間に観客を引き込むことに焦点を当てたこと」が、この作品で最もチャレンジングだったと振り返る。

そのためには説得力のある映像が不可欠になり、撮影監督を務めたフェドン・パパマイケルは「レースと同じ正確なスピードでキャストを撮影することは、とても難しかった」と苦労を吐露。デジタル技術を過度には使いたくなかったといい、「レーシングカーにカメラを搭載することで、できるかぎり実際のレースの模様を収めるようにした。その方がずっと説得力のある映像になるし、重力やあらゆる振動を経験している俳優にとっても、演技がしやすいからだ」と、キャストの演技を引き出すという意味でもこの手法が選ばれた。

映像への“没入感”に妥協を許さないマンゴールド監督は「観客にレースを実体験しているように感じてほしいと思った。誰よりも速くスピードを出し、できるだけ長く目を開け続けることがどんなものか、また24時間のレースがどういうものかを肌身で感じてほしかったんだ」と、レースシーンへの情熱をにじませた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース