全米大ヒットホラー「ドント・ブリーズ」続編の監督が決定

2020年1月21日 15:00

「ドント・ブリーズ」脚本家が続編企画で監督デビュー
「ドント・ブリーズ」脚本家が続編企画で監督デビュー

[映画.com ニュース] 盲目の老人に追いつめられていく若者たちの恐怖を描き、全米でスマッシュヒットを飛ばしたホラー映画「ドント・ブリーズ」の続編の監督が、同作で共同脚本を手がけたロド・サヤゲスに決定した。米ハリウッド・レポーターが報じている。

サム・ライミ製作、フェデ・アルバレス監督による「ドント・ブリーズ」は、大金を隠し持っていると噂される盲目の老人の家に強盗目的で忍び込んだ若者たちが、思いがけない恐怖に陥る様を描いたショッキングホラー。製作費1000万ドル(約11億円)と低予算ながら、口コミと批評家からの高評価が相まって、全世界累計興行収入1億5700万ドル(約170億円)のサプライズヒットとなった。

短編映画「Panic Attack!(原題)」からリメイク版「死霊のはらわた」、そして「ドント・ブリーズ」と、アルバレス監督の全作品で脚本を手がけてきたサヤゲスは、「ドント・ブリーズ」続編で監督デビューを果たす。

プロットの詳細はまだ明かされていないが、盲目の老人役を怪演したスティーブン・ラングの続投は決定済み。前作での出来事から数年後、独りひっそりと穏やかな暮らしを送っていた盲目の老人が、過去に犯した罪のせいで追いつめられていく、というストーリーになるようだ。

前作と同様、サヤゲスとアルバレスが共同で脚本を執筆。アルバレスは、ゴーストハウス・ピクチャーズのライミ、ロバート・G・タパートとともにプロデューサーを兼務する。

「ドント・ブリーズ2(仮題)」は、4月にクランクイン予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 復活編」【TBSオンデマンド】
  • オーディション
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com