米バラエティの女性批評家が選ぶ、2019年のベストドラマ10作品

2019年12月29日 19:00

「Fleabag フリーバッグ」(Amazon)の一場面
「Fleabag フリーバッグ」(Amazon)の一場面

[映画.com ニュース] 米バラエティのドラマ批評家キャロライン・フランケが、2019年のベスト作品10本を選出した。

1位は、フランケが1月に初めて見たときから今年のNo.1になると確信していたという「ロシアン・ドール 謎のタイムループ」。「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のニッキー・ニコルズ役で知られるナターシャ・リオンが主演・脚本・監督・制作総指揮を務める同作は、ニューヨークに暮らすゲームクリエイターの主人公が、誕生日に事故死してはまた生き返り、繰り返しの中で死を避ける方法を突き止めていくというコメディで、リオンはゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。

2位「Fleabag フリーバッグ」は、劇作家で女優のフィービー・ウォーラー=ブリッジが自身のひとり芝居をもとに企画・制作総指揮・主演を務めた1話30分のドラマ。性に奔放で無軌道なヒロインの心の闇が明かされていく悲喜劇で、ゴールデングローブ賞作品賞、主演女優賞(ウォーラー=ブリッジ)、助演男優賞(アンドリュー・スコット)にノミネートされている。

3位の「アンビリーバブル たった1つの真実」は、レイプ被害を訴えた10代の少女が警察から真偽を疑われた挙句、偽証罪に問われた実話を描いた作品。主人公の少女を映画「booksmart」(オリビア・ワイルド監督)のケイトリン・デバーが、事件の捜査にあたる女性刑事をトニ・コレットメリット・ウェバーが演じている。本作もゴールデングローブ賞作品賞、主演女優賞(デバー、ウェバー)、助演女優賞(コレット)の4ノミネートを獲得した。

2019年のベスト作品10本は以下の通り。

1. 「ロシアン・ドール 謎のタイムループ」(Netflix)
2. 「Fleabag フリーバッグ」(Amazon)
3. 「アンビリーバブル たった1つの真実」(Netflix)
4. 「サクセッション」(HBO)
5. 「トゥカ&バーティー」(Netflix)
6. 「バリー」(HBO)
7. 「PEN15」(Hulu)
8. 「Watchmen」(HBO)
9. 「Broad City」(Comedy Central)
10. 「On Becoming a God in Central Florida」(Showtime)

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース