“最高に濃密な一夜”が幕を開ける!窪田正孝×三池崇史「初恋」本予告

2019年12月26日 11:00

最期に出会った、最初の恋
最期に出会った、最初の恋

[映画.com ニュース] 三池崇史監督と窪田正孝がタッグを組んだ「初恋」の本予告とポスタービジュアルが披露された。主演の窪田、ヒロインを演じた小西桜子をはじめ、強烈なキャラクターに挑んだキャストたちの姿をとらえている。

新宿歌舞伎町を舞台に、余命わずかの天才プロボクサー・葛城レオ(窪田)が、ヤクザに追われる少女モニカ(小西)と出会い、アンダーグラウンドの世界へと巻きこまれていく濃密な一晩を描く。

本予告は、ボクサーのレオが医師から余命を宣告されるシーンから始まる。レオが歌舞伎町で謎の少女・モニカと出会ったことから物語は動き出し、オールドスタイルのヤクザ・権藤(内野聖陽)をはじめ、悪徳刑事の大伴(大森南朋)、ヤクザの策士・加瀬(染谷将太)、ヤクザの女ジュリ(ベッキー)、武闘派ヤクザの市川(村上淳)、組長代行(塩見三省)に中国マフィアが絡み、それぞれの欲望をむき出しにした争いが繰り広げられる。

ポスターは、モニカを守るように身を寄せるレオの姿が印象的なビジュアルに仕上がった。30以上の映画祭から招待され、米映画批評サイト「Rottentomatoes」では96%フレッシュ(12月24日時点)という高評価を獲得しており、三池監督が描く“初”のラブストーリーに期待がかかる。

初恋」は20年2月28日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース