アニメ映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」八代目・市川染五郎が声優初挑戦で初主演 杉咲花と共演

2019年12月23日 08:00

ティザービジュアルも初披露
ティザービジュアルも初披露

[映画.com ニュース] フライングドッグ設立10周年作品として製作されるオリジナル劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」の公開日が、2020年5月15日に決定。あわせてメインキャストが発表され、主人公チェリー役を歌舞伎役者の八代目・市川染五郎、ヒロインのスマイル役を女優の杉咲花が務めることがわかった。市川にとっては映画への出演も声優もこれが初めてとなる。

同作は、コミュニケーションが苦手でいつもヘッドホンを着けている少年チェリーと、矯正中の大きな前歯を隠すため、いつもマスクをしている少女スマイルのひと夏の青春を描く物語。SNSを通じて知り合った2人はある日、老人フジヤマが思い出のレコードを探す理由を知り、彼の願いをかなえるため、一緒にレコードを探すことに。ともに過ごすうちに2人の距離は次第に縮まっていくが、ある出来事をきっかけにそれぞれの思いはすれ違ってしまう。

今作が初映画、初声優、初主演となる市川は「僕が務めさせていただくチェリーは人と話すことが苦手で、声が小さいことを指摘されるシーンは僕自身と重なって見えました。本格的な声優のお仕事は初めてですが、チェリーとの共通点を大切にしながら自分の声でチェリーに命を吹き込むことができるよう、一体になれるよう、精いっぱい努めたいと思います」と役へのシンパシーと意気込みを語った。

一方の杉咲も「チェリーとスマイル、2人の姿に何度も胸をきゅっとさせられました。私が声を担当させていただくスマイルは前歯が出ていることを気にしていて、なんだか共感できる部分がありました(笑)。けれどそんなコンプレックスを抱えながらも、どんな時も明るくしゃんと立っているスマイルに勇気をもらいました」と演じる役どころについて言及。さらに、「チェリーのなかでどんどん言葉が湧き上がるように、スマイルが心の底からにこりと笑うように、自分の中でしゅわしゅわと湧き上がる感情を大切に、頑張ります」と収録に臨む心境を明かした。

公開日とキャスト発表にあわせ、チェリーとスマイルを描いたティザービジュアルも披露されている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース