ルーク、ハン・ソロ、レイアから新世代へ…「スター・ウォーズ」42年の歴史を振り返る感涙必至映像

2019年12月20日 12:00

完結編「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」本日公開
完結編「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」本日公開

[映画.com ニュース] 本日12月20日から公開された大ヒットSFシリーズの完結編「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」の、約42年におよぶ歴史を振り返る特別映像が公開された。映像には、シリーズを支えてきたルーク役のマーク・ハミル、ハン・ソロ役のハリソン・フォード、レイア役の故キャリー・フィッシャーさんらレジェンドの姿とともに、世界中で愛されてきた「スター・ウォーズ」の魅力が新世代へとつながっていくさまがエモーショナルに映し出されている。

ジョージ・ルーカス監督が生み出した第1作「スター・ウォーズ」(1977)から長きにわたり、はるか彼方の銀河系を舞台に、スカイウォーカー家をめぐる愛と喪失の物語を壮大なスケールで紡いできた本シリーズ。伝説のジェダイ・ルークを演じたハミルは、「シリーズ全ての映画の本質はどこまでも続くもので止まることはない。『スター・ウォーズ』の全ての映画には“希望”がある。これらの映画が語っているのは、自分に嘘をつかず、自分を信じて、自分だけのためでなく、自分の周りの人々のために行動をすれば勝利を手に入れることができるということなんだ」と、作品の一貫したテーマを紐解く。

特別映像の冒頭では、ミレニアム・ファルコンに乗りこんだハミル、フォード、ルークの師匠オビ=ワン・ケノービ役の故アレック・ギネスさん、ソロの相棒チューバッカ役の故ピーター・メイヒューさんの姿がとらえられている。「ハイパースペース」を「スーパーマーケット」と言い間違えたフォードをハミルがからかうなど、ほほ笑ましい光景が広がる。さらに、ハミル&フォード&フィッシャーが肩を組む仲むつまじい様子も。フィッシャーが「SFだから可能性は無限よ」と期待をあおり、ハミルは「この作品を絶対に成功させたい」と語るなど、キャスト陣の作品にかける情熱も垣間見える。

そして、ルーク、ハン・ソロ、レイアをめぐる物語は、J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリーアダム・ドライバージョン・ボイエガオスカー・アイザックら新世代へ――。ハミル、オビ=ワン・ケノービ役のユアン・マクレガー、リドリーがライトセーバーを用いたアクションを練習するさま、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)で製作された巨大なミレニアム・ファルコン、ともにチューバッカを演じたメイヒューとヨーナス・スオタモが並んでマスクとスーツを身につけている様子も確認できる。世代を超え脈々と受け継がれてきた、CGに頼らない撮影手法や、キャスト同士の仲の良さが存分に伝わる映像となった。

シリーズの完結編「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」では、フォースの力を覚醒させたレイ(リドリー)と、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継いだカイロ・レン(ドライバー)の光と闇の最終決戦が描かれる。様々な人々の思いをのせた伝説の名作「スター・ウォーズ」シリーズが壮大な歴史に幕を下ろす、映画史に残る瞬間を劇場で見届けてほしい。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース