「テッド・バンディ」にメタリカのあの人が出演!敏腕警察官役で存在感放つ

2019年12月12日 20:00

ものすごい迫力
ものすごい迫力

[映画.com ニュース] 実在の殺人鬼を描く「テッド・バンディ」でヘビーメタルバンド「メタリカ」のジェイムズ・ヘットフィールドの登場シーンをとらえた場面写真が、公開された。史実でもキーパーソンとなる警察官を演じ、すごみを利かせた表情を見せている。

1970年代のアメリカで30人以上の女性を惨殺したとされるテッド・バンディは、IQ160の頭脳と美しい容姿で司法やメディアを翻ろうし、女性たちをひきつける魅惑的なカリスマ性を持ち合わせていた。本作では、バンディを「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロンが演じ、長年の恋人の視点を通して善人としての一面も描く。

ヘットフィールドは、スピード違反でバンディを捕まえる警察官ボブ・ヘイワード役で出演。不審なビートルを見つけたヘイワード巡査は、運転していたバンディに職務質問を行い、手錠をはめて警察署へ連行する。後に、車からは犯行に使用されたであろうバールやロープなどが見つかり、巡査の勘はバンディ逮捕につながる大きな一手となる。

メタリカを題材にしたドキュメンタリー「メタリカ:真実の瞬間」を手掛け、本作のメガホンをとったジャー・バーリンジャー監督は、ヘットフィールドの起用理由について、「ボブ・ヘイワード巡査本人の写真を初めて見た時、『ジェイムズ・ヘットフィールドのぽっちゃり版だな』と思ったんだ」と笑いながら明かす。

「数年前に『役者はどう?』と聞いたら、興味はあるけど挑戦したことはないと言っていたんだ。だから早速、彼に電話をして映画に出ないかと尋ねたら、すぐに話に乗ってきてくれた。それ程大きくない役だから撮影は2~3日で済むし、このくらいの役なら挑戦できると思ったらしい」と振り返り、「すばらしい演技を見せてくれたし、メタリカのリードボーカルが撮影現場にいるというだけで、みんなも興奮気味だったよ」と現場の様子を語った。

テッド・バンディ」は12月20日から全国公開。R15+指定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com