阪本順治監督、「KT」17年ぶり上映に持論「今の日韓関係にリンクすれば」

2019年11月30日 15:52

阪本順治監督
阪本順治監督

[映画.com ニュース] 第20回東京フィルメックスの阪本順治監督の特集上映で、「KT」(2002)が11月30日、有楽町朝日ホールで上映された。

1973年、当時野党のリーダーだった金大中氏が日本で拉致された事件の真相に迫る日韓合作。阪本監督は、「日韓共催のサッカーW杯で盛り上がろうという時期で、日韓の間で何があったのか認識もせずシェイクハンドするのはいかがなものかというところから始まった。当時、金大中も大統領になっていたのでストレートにやることができるだろうということで日韓合作になった。悪く言えば、W杯に水を差そうということです」と製作意図を語った。

だが、製作時は「自宅のマンションを見張られていたり、恐怖心は当然あった。韓国の俳優もオファーにちゅうちょした人もいた」という。韓国で公開された際にも、「泣いて怒る人もいたし、日本人が私たちの苦しみを分かったふりをしないでほしいと言う記者の方もいた」と振り返った。

それでも、「何かを告発しようということではなく、守る側と罪を犯す側を描くのが目的。いくら調べても分からないことがあったので、そこは大胆な仮説を立てた創作もある」と説明。公開時は金氏から「ほとんど、この通りでしょ」というコメントももらったそうで、「当時は日韓の問題だけではないというところまで届けばと期待した。日韓ともいまだに米国の手のひらの上で踊らされているわけだから、今の日韓関係、米国の存在にリンクしていただければありがたい」と言葉に力を込めた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com