「マジンガーZ」の格納庫を作るとしたら? 「前田建設ファンタジー営業部」20年1月公開

2019年11月2日 10:00

取引先よ、これが見積書だ
取引先よ、これが見積書だ

[映画.com ニュース] 高杉真宙が主演する「前田建設ファンタジー営業部」の公開日が2020年1月31日に決定し、あわせてポスタービジュアルと特報映像がお披露目された。「マジンガーZ」の格納庫を作るとしたどうなるのか、見積書の作成という無理難題に挑む会社員たちを描く。

本作は、ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた前田建設工業のWEBコンテンツを映画化。アニメ、マンガ、ゲームといった空想世界に存在する建造物を建設するとしたらどうなるかを、工期、工費を含め検証している企画だ。映画では、アニメ世界の曖昧でつじつまの合わない設定に翻弄されながらも、社員たちが無謀なプロジェクトに立ち向かっていく。

あさひなぐ」「映画 賭ケグルイ」の英勉監督がメガホン、「ヨーロッパ企画」代表の上田誠が脚本を担当。高杉がファンタジー営業部の若手社員・土井航を演じるほか、営業部のメンバー役で上地雄輔岸井ゆきの本多力、「おぎやはぎ」の小木博明が共演し、このほど、町田啓太六角精児の出演も発表された。

公開された特報は、ファンタジー営業部の社員たちが、突如降り掛かった無茶振りに戸惑いながらも、果敢にプロジェクトに臨むさまを収めている。水、風、火などさまざまなエフェクトがかけられ、ファンタジー作品のような演出にも注目だ。あわせて披露されたポスタービジュアルは「取引先よ、これが見積書だ」というキャッチコピーが添えられ、サラリーマンたちの情熱を感じさせる。

前田建設ファンタジー営業部」は2020年1月31日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース