「エヴァ中京圏プロジェクト」ささしまライブに巨大初号機立像が登場 中部国際空港には金の初号機も

2019年11月1日 09:00

[映画.com ニュース] 愛知県・名古屋市を中心とした中京圏エリアで、2020年1~3月に展開される「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト~名古屋・ささしまライブから世界へ発信~」の第1弾企画が発表された。

第1弾企画では、名古屋で最も新しい街である、ささしまライブの複合商業施設グロバールゲートに、全高約6メートルのエヴァンゲリオン初号機巨大立像が登場。中部国際空港セントレアの到着ロビーでは、全高約3メートルの金色の初号機立像が展示される。そのほか、同空港では2月21日~3月12日に、13年から全国各地を巡回している「エヴァンゲリオン展」より厳選した、約200点の制作資料で再構成した展覧会を実施。6月公開予定の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の複製原画や設定資料なども展示される。

同プロジェクトでは、ラッピングトレインの運行なども企画中。立像ビジュアルをはじめとする最新情報は、特設サイト(https://www.ctv.co.jp/eva/)で12月上旬頃に発表される。

(映画.com速報)

関連ニュース