ドキュメンタリーの巨匠ニコラ・フィリベール「映画はすべてが可視化される社会に抗うもの」

2019年10月31日 17:33

ニコラ・フィリベール監督
ニコラ・フィリベール監督

[映画.com ニュース]「すべての些細な事柄」「ぼくの好きな先生(2002)」などで知られるフランスのドキュメンタリーの名匠ニコラ・フィリベール監督の最新作で、11年ぶりとなる日本公開作「人生、ただいま修行中」が、11月1日から公開される。今作はパリ郊外の看護学校で、年齢、性別、出身も異なる40人の実習風景に150日間密着。来日したフィリベール監督に話を聞いた。

--懸命に勉強し、誰かのために働きたいという若者たちの真摯な気持ちを捉えるとともに、さまざまな性別、人種が暮らすフランス社会の縮図を映したようにも見えます。

生徒たちはいろんな出自を持っています。肌の色もさまざま、属する社会階層も、信じる宗教も違う。看護学校、そして病院はいろんな人びとが否応なく集まってくる場所。具合の悪いところがあれば、労働者もブルジョアも看護の世話にならなくてはなりません。社会的には一番多くの種類の人びとが集まる場所、まさに社会の縮図であると思います。

--看護職、介護職はどんな社会でも必要とされる職業である一方で、日本では労働条件の厳しさなどから、誰もが憧れるような人気の高い職業とは言い難いです。フランスではいかがでしょうか。

もちろんフランスでも、人々が抱く看護職へのイメージに矛盾があります。路上でインタビューをすれば看護師に対して、賛美の声ばかりが聞けると思いますが、社会的にどうかというと、彼らの立ち位置は、仕事も過酷で給料も良くない、医者ほど社会的評価が高くないというところがある、二つの面がある職業です。

けれども、こういった仕事にモチベーションを持つ若者は少なくありません。なぜなら、自分がこの世の中で役に立っているということを実感できる職業だからです。他人の為に働けるという実感を感じ、チームでの作業もある。給料が良くない、労働環境が厳しいという条件がありながらも、人の役に立つという動機でこの職業を選ぶ人が多いようです。

--撮影対象のリアリティと共に人間の持つ良心も映しています。そういった作品に仕上げるためには、編集の役割も大きいのではないでしょうか。

私にとって編集の段階は幸せな時間であると同時に、非常に悩む段階です。いつも何かをあきらめて、カットしなければなりません。撮影のときは素晴らしくうまくできたと思っても、様々な理由でカットしなければならない時があります。今回、最後の面談のシーンは60パターン撮りました。しかし、最後に13パターンしか採用していないのです。60のインタビューは40時間のラッシュになりますから。映画的観点で難しい選択をしなければなりません。

また、映画というものは撮ったすべてを見せることはできません。それと同時に、すべて見せない方がいいということもあるのです。語られない部分、ミステリアスで想像させる余地を残すことで、その作品が強くなることがある。映画はひとつの構築物ですから。今の世界はSNSなどですべてが可視化される社会になっています。映画はそういうムーブメントに抗わなければと思っています。映画は観客の視点を構築していくものでなければいけない。すべてを差し出すのではなく、見る人の視点も構築するのです。

--40年近いキャリアをお持ちです。年を重ねるにつれ、自身の変化や進化、発表する作品への手ごたえを感じますか?

社会が進化するにつれて、私自身が変化していることはあると思います。人間は社会の進化に知らず知らずのうちに取り込まれていくものですから。しかし、私はそれと同時に身に付いてくるノウハウには興味がないのです。どんな時も学びなのだと考えています。経験は積んでいますが、私たちの社会や人間について知りたい、学びたいという欲求に突き動かされて映画を撮り続けています。

人生、ただいま修行中」は、11月1日から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. キングコング西野亮廣原作の絵本「えんとつ町のプペル」アニメ映画化!東宝・吉本で共同配給

    1

    キングコング西野亮廣原作の絵本「えんとつ町のプペル」アニメ映画化!東宝・吉本で共同配給

    2019年12月12日 16:49
  2. 三吉彩花×清水崇監督「犬鳴村」鳥肌モノの“秘密”が隠された本ポスター完成

    2

    三吉彩花×清水崇監督「犬鳴村」鳥肌モノの“秘密”が隠された本ポスター完成

    2019年12月12日 08:00
  3. 「STAND BY ME ドラえもん」再び映画化!3歳ののび太と亡きおばあちゃんの物語

    3

    「STAND BY ME ドラえもん」再び映画化!3歳ののび太と亡きおばあちゃんの物語

    2019年12月12日 15:13
  4. 幽霊美女の裸踊りを延々と見せられる恐怖 徹底的にくだらないエロティックホラー「死霊の盆踊り」予告

    4

    幽霊美女の裸踊りを延々と見せられる恐怖 徹底的にくだらないエロティックホラー「死霊の盆踊り」予告

    2019年12月12日 20:00
  5. 実写「シティーハンター」フランス大ヒットの要因 オマージュ&小ネタ満載でアニメファンが大喜び

    5

    実写「シティーハンター」フランス大ヒットの要因 オマージュ&小ネタ満載でアニメファンが大喜び

    2019年12月12日 12:00

今週