大倉忠義×成田凌「窮鼠はチーズの夢を見る」に“恋敵”が参戦! 場面写真も初披露

2019年9月25日 08:00

吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、 小原徳子が出演決定
吉田志織、さとうほなみ、咲妃みゆ、 小原徳子が出演決定

[映画.com ニュース] 大倉忠義(関ジャニ∞)が主演し、成田凌と初共演を果たした恋愛映画「窮鼠はチーズの夢を見る」の追加キャストが発表され、吉田志織さとうほなみ咲妃みゆ小原徳子が出演することがわかった。あわせて、場面写真も初披露。原作にも印象的に登場する海辺のシーンをとらえている。

水城せとな氏による原作は、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に表現し、多くの女性から支持を得たコミック。広告代理店に勤める大伴恭一(大倉)は、優柔不断な性格が災いし、流されるままに不倫を繰り返していた。ある日、妻から派遣された浮気調査員が現れる。それは、大学卒業以来会うことのなかった後輩・今ヶ瀬渉(成田)だった。今ヶ瀬が不倫の事実を隠す代わりに突きつけてきた条件は、「カラダと引き換えに」という信じがたいものだった。

新たに発表したキャストの配役について「彼女たちは今ヶ瀬にとっては自分の恋路を阻む刺客的な存在。それぞれ全くイメージが異なるようにしたかった」と説明している行定監督。その意図を受けて、「チワワちゃん」のヒロイン役で注目を集めた吉田は、会社の後輩で恭一に恋心を募らせる・岡村たまきを演じることになった。「色々な形をした感情を与え合い、受け取り合う。人の原動力ともなる好きという気持ちに限界なんてなく、正解もなく、間違いもないと再確認させられるようなそんな原作が映画化し、自分がその作品に参加出来たことを本当に嬉しく思います」(吉田)と思いの丈を述べている。

原作にも印象的に登場する海辺のシーン
原作にも印象的に登場する海辺のシーン

「ゲスの極み乙女。」のドラムス担当“ほな・いこか”としても知られるさとうは、恭一の大学時代の恋人・夏生役に挑戦。「全員が全力で恋をして苦しんでもがいている、美しいだけじゃない人間の恋のお話だと感じました」と語りつつ、「10代の頃から夢であった行定監督の作品に出演することができていまだに泣いております」と胸中を吐露している。

元宝塚歌劇雪組トップ娘役の咲妃は、恭一の妻・大伴知佳子役として、物語に華を添える。「私たちが、誰かを、何かを愛することによって生まれる感情や行動は十人十色で、こうあるべき! と他者は指し示せない純粋なものなのだと、この作品に携われたことで改めて実感しました」と明かしている。一方、恭一の不倫相手・井出瑠璃子役の小原は「本気の恋をする相手が必ずしも異性とは限らない。自分が好きになった相手がそうなる可能性はいつだってある。それがこんなにも純粋なものだと知ったら、私はそれを見ていたいと願ってしまうかもしれない、と、この作品に出会って思いました」とコメントを寄せている。

窮鼠はチーズの夢を見る」は、2020年上半期に全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース