ボーカルユニット「浦島坂田船」がショートアニメに 10月放送開始

2019年8月25日 07:00

[映画.com ニュース] 男性4人組ボーカルユニット「浦島坂田船」をショートアニメ化した「浦島坂田船の日常」が、10月2日午後9時54分からTOKYO MXで放送開始となることが決まった。

「浦島坂田船」は、うらたぬき、志麻、となりの坂田、センラによるユニット。2013年の結成以来、動画サイトを中心に活動し、16年にメジャーデビューを果たした。17年にはテレビアニメ「スタミュ」のオープニング主題歌「SHOW MUST GO ON!!」、19年に「イナズマイレブン オリオンの刻印」のエンディング主題歌「明日へのBye Bye」を歌っている。

「浦島坂田船の日常」では、デフォルメキャラクターになった「浦島坂田船」のメンバーが高校を舞台に青春ストーリーを繰り広げる姿が描かれる。転入生のうらたは、華麗な高校デビューを画策するが、その前に志麻、坂田、センラが立ちふさがる。「浦島坂田船」のメンバーが、自身をモデルにしたキャラクターを演じることが決定しており、各キャラのかけ合いを収録した特報映像も公開されている。

監督・美術監督を「~大好き?東北 つくろう!子どもの未来~『想いのかけら』」(美術監督)の池内翔、シリーズ構成・脚本を「ゲーマーズ!」の内田裕基、アニメキャラクターデザイン・作画監督を「マクロスΔ」(作画監督)の横山紗弓(アニメアール)が務める。アニメーション制作はGAINAX京都が行う。

(映画.com速報)

関連ニュース