シャロン・テート殺害事件を描いた映画「ハリウッド1969」8月30日から1週間限定公開

2019年8月8日 08:00

今年で事件から50年
今年で事件から50年

[映画.com ニュース] 名匠ロマン・ポランスキー監督の元妻で、新進の女優だったシャロン・テートが、1969年8月にカルト集団マンソン・ファミリーに惨殺された事件を描いた「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」が、8月30日からヒューマントラストシネマ渋谷にて1週間限定公開されることが決定、このほど予告編とメインビジュアルがお披露目された。

監督は、「13日の金曜日」シリーズや「アミティヴィルの恐怖=悪魔の棲む家」シリーズについてのドキュメンタリーを手掛けてきたダニエル・ファランズ。26歳、妊娠8カ月で殺されたテートが、その1年前に見ていた、恐ろしい殺人の予知夢を語るインタビューからインスピレーションを得て製作された。ヒラリー・ダフがテートに扮し、本作のエグゼクティブ・プロデューサーも務めている。

物語の舞台となるのは、カリフォルニア州の丘の上に建てられたプール付の瀟洒(しょうしゃ)な邸宅。テートは新婚の夫ポランスキーとともにここに引っ越してくる。その1年前、テートはインタビューで霊能力的な体験を問われ、ドアのところに佇んでいる「怪しい小さな男」に喉を引き裂かれ、ロープで首をくくられていたという夢を見たと話す。映画では、実際の事件が起こる3日前から、テートの周りで起きる不吉な出来事が丁寧に描かれる。

ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」は、8月30日から、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース