「映画スター☆トゥインクルプリキュア」主題歌は知念里奈 星空刑事メリー・アン役としても出演

2019年7月9日 07:00

知念里奈が主題歌を担当
知念里奈が主題歌を担当

[映画.com ニュース]「プリキュア」シリーズの劇場版最新作「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」の主題歌「Twinkle Stars」を、舞台「レ・ミゼラブル」など女優としても活躍する歌手・知念里奈が歌うことが決定した。また、知念は本作でキュアコスモこと宇宙怪盗ブルーキャットを捕まえるべく奮闘する星空刑事のメリー・アン役を務めることも明らかとなった。

主題歌アーティストには、「言葉が通じないユーマと絆を築くうえで一生懸命に大切な気持ちを<うた>に込めるプリキュアと同様に、“うた”に表情をのせて感情豊かに映画の世界観を表現できる演技力と歌声を持ち合わせる人に歌ってほしい”」という理由からことで、知念が選出。起用を受けて知念は「映画のテーマでもある『絆』をキーワードに大事なメッセージがたくさん詰まっていて、大人の私でも心に刺さってとても感激しました。 私が歌わせていただく主題歌は映画の中で生まれる“うた”で、とても大事な意味を持っています。特別な歌を自分がどんな形で表現できるのかとてもワクワクしています」と期待を寄せるとともに、自身が演じるアンについて「すごくお茶目でおっちょこちょいでチャーミングなキャラクターなので、そんなキャラクターをしっかり演じたい」と意気込んでいる。

「Twinkle Stars」を収録した本予告映像も公開中。キュアスターこと星奈ひかる、キュアミルキーこと羽衣ララと言葉が通じない不思議な生物ユーマとの出会い、ブルーキャットを追うアン、ユーマの夢を守るため宇宙ハンターに立ち向かう5人のプリキュアの姿などが描かれている。

「プリキュア」シリーズの16作目となる「スター☆トゥインクルプリキュア」は、星座と宇宙が大好きな中学生ひかるが、星のプリキュア・キュアスターに変身して、宇宙人のララたちとともに力をあわせ、宇宙の支配をもくろむ「ノットレイダー」と戦っていく。「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」では、ひかるとララが“うた”を通じてユーマと絆を深め、ともに成長する姿を描く。10月19日から全国公開。

(映画.com速報)

関連ニュース