新「ミュウツーの逆襲」LAプレミア開催!「ポケモンGO」とコラボ発表、ミュウツー入手の機会も

2019年7月6日 08:00

約2800人のファンと記念撮影!
約2800人のファンと記念撮影!

[映画.com ニュース]国民的人気アニメシリーズの劇場版第1作をフル3DCGで新たに映画化する「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」の米ロサンゼルスプレミアが現地時間7月4日に開催され、サトシ役声優の松本梨香、監督を務めた湯山邦彦榊原幹典が参加。本作の上映とともに、世界的人気を博す位置情報ゲーム「ポケモンGO」とのコラボも発表。劇中の“アーマードミュウツー”が、7月11~31日にゲーム内のレイドバトルに出現するという。

記念すべき劇場版「ポケモン」シリーズ第1弾として、1998年に封切られた「劇場版 ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」。人間の手によって生み出されたミュウツーが心に抱える葛藤、そして人間への逆襲という、ファミリー向けの作品としては異色のテーマを掲げたにも関わらず、国内興行収入は76億円を叩き出した。世界中で大ヒットを記録し、全米ではいまだに日本映画の歴代興収第1位を保持している。

プレミアは、北米最大級のアニメコンベンション「Anime Expo 2019」内で実施。会場には徹夜組を含めた約2800人のファンが詰めかけ、松本によるサイン会は大きな盛り上がりを見せた。字幕付きの日本語版上映が始まると、大歓声が一気に場内を包み込む。しかしミュウが人間に復讐を誓う冒頭のシーンでは、観客は固唾を飲んでスクリーンを見つめ、水を打ったように静まりかえる。一方でロケット団の出現に爆笑が起こったほか、サトシとピカチュウのやり取りに大粒の涙を流す観客も。大人も子どもも、大いに映画を楽しんだ様子だった。

上映後舞台挨拶では、松本が「めざせポケモンマスター」を熱唱し、会場のボルテージは最高潮に。ファンとの記念撮影も行い、LAプレミアは大盛り上がりのうちに幕を閉じた。松本は、「ポケモンが始まった時の最初のころのことが走馬灯のように思い出され、そのころのみんなにこんな日が来るんだよと教えてあげたかったなと思いました」といい、「みんながポケモンを愛していて、歓声が上がったり、リアクションを聞いて、涙が出ました」と感無量の面持ち。「LAのファンの皆さんに歌や思いを届けられて幸せです」と言葉を重ねていた。

なおイベントでは、ポケモンGOとのコラボ映像や、歌手リタ・オラ(「名探偵ピカチュウ」の主題歌など)の楽曲にのせたプロモーション映像も披露された。「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は、7月12日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・ TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2019 ピカチュウプロジェクト (C)2019 Niantic, Inc. (C)2019 Pokemon.

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース