唐沢寿明「トイ・ストーリー」はまるでサザン? 長年愛される理由を分析

2019年6月27日 14:00

ジョシュ・クーリー監督らが来日!
ジョシュ・クーリー監督らが来日!

[映画.com ニュース] ディズニー/ピクサーによる人気シリーズの最新作「トイ・ストーリー4」の来日イベントが6月27日、都内で行われ、ジョシュ・クーリー監督、プロデューサーのマーク・ニールセン、日本語吹き替え版に出演する唐沢寿明所ジョージ竜星涼、日本版主題歌「君はともだち」を歌うダイアモンド☆ユカイが出席した。

おもちゃの世界を舞台に、彼らと持ち主である子どもたちとの絆を描いた「トイ・ストーリー」シリーズの第4弾。ウッディとバズ、そして仲間たちは新しい持ち主・ボニーの家族旅行に同行。たどり着いた移動遊園地で、かつての仲間ボー・ピープと再会する。全米の映画ランキングでは、シリーズ最高のオープニング記録を叩き出し、首位デビューを飾った。

第4弾の製作が決まった経緯について、クーリー監督は「前作でウッディと(持ち主だった)アンディの関係が幕を閉じたから、これでおしまいだと思っていたが『ウッディにはまだ物語の続きがあるんじゃないか』と気づき、次を考えることでワクワクできた」と回想。キャッチコピーには「この結末は想像を超える」という意味深な文言が使用されており、「ウッディとバズの友情なくして、成立しない結末でとても誇らしい」(クーリー監督)、「長い友情の結末に、きっと皆さんも驚くはず。これが最終章です」(ニールセン)と“集大成”だとアピールした。

唐沢と所は1996年に日本公開された「トイ・ストーリー」以来、名コンビであるウッディ&バズ役を演じており、今回が約9年ぶりの再共演。「お互いに成長し、すっかり大人っぽい話になってきた。雰囲気も関係性も変化している」(唐沢)、「今では、自分のほうが、バズ(の性格)に合わせるようになっちゃった」(所)と長い歴史で培ったキャラクターとの絆にしみじみ。唐沢は「第1作を見ていた子どもが今、親になって自分の子どもに見せている。世代を超えて愛されるんですから、まるでサザンオールスターズ」と人気の理由を分析していた。

一方、シリーズ初参加の竜星は「自分が生まれた頃に始まった、大好きな作品の一員になれたことは、僕にとっても感動的な出来事」と感無量。捨てられた先割れスプーンやモールで作られたお手製おもちゃの“フォーキー”を演じ、「生まれたての赤ちゃんのように演じた。ぜひ、新しいキャラクターを愛してもらえれば」と話していた。

トイ・ストーリー4」は、7月12日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース