「ストレンジャー・シングス」主要キャスト4人が初来日!法被を着て夏祭り気分満喫

2019年6月24日 22:13

夏祭り気分を満喫
夏祭り気分を満喫

[映画.com ニュース] Netflixの人気オリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3」の配信記念イベント「ストレンジャー・シングス“夏祭り”」が6月24日、都内で行われ、メインキャストのノア・シュナップ(ウィル役)、ケイレブ・マクラフリン(ルーカス役)、ゲイテン・マタラッツォ(ダスティン役)、セイディ・シンク(マックス役)が出席。4人とも今回が初来日。会場には日本の屋台も設置され、夏祭り気分を満喫していた。

1980年代の小さな町ホーキンスを舞台に、失踪した少年ウィルと謎の少女イレブン(ミリー・ボビー・ブラウン)をめぐる不可解な事件に、少年たちと家族が立ち向かっていくスペクタクルアドベンチャー。ファン待望のシーズン3では、“裏側の世界”から生還を遂げたウィルの体に再び異変が現れ、イレブンに聞こえる謎の声や、“寄生”“新たな宿主”といった新たな謎も待ち受けている。

シーズン1では、まだあどけなさも残っていたシュナップは、今ではすっかりイケメンとなり、その成長ぶりにはファンも驚きと歓喜の声。「僕らは劇中と同じように、本当に仲がいいんだ。それが見てくれるみんなにも伝わっているんじゃないかな」と語り、「プライベートで遊園地に一緒に行ったり、お互いの家に泊まったりね(笑)。現場はクレイジーで楽しいし、シーズン3は本当に最高! あと2週間で配信だから、楽しみにしていて」とアピールした。

「こうして世界中をツアーし、ファンのみんなと会えるのが最高だよ。自分らしくいればいいってインスピレーションを与えてくれるからね」(マクラフリン)、「80年代に育った人はもちろん、今のティーン世代にも楽しんでもらえる。音楽も脚本もすばらしいし、たくさんの要素が詰まっていて、僕らも魅了されているよ」(マタラッツォ)と“男子チーム”は大はしゃぎ。この日の紅一点であるシンクは「シーズン3は、恋愛も含めて、キャラクター間の力学に変化が訪れるの。何より、舞台が夏だから、とても楽しいわ」と最新シーズンに巻き起こる波乱を予感させていた。

イベントには本シリーズの大ファンだというタレントの大島優子、芸人コンビ「スピードワゴン」の井戸田潤小沢一敬が駆けつけ、初対面した4人に、名前入りの法被をプレゼントしていた。

ストレンジャー・シングス 未知の世界」のシーズン1、2はNetflixで配信中、シーズン3は7月4日から独占配信される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース