「暗闇にベルが鳴る」リメイク版はイモージェン・プーツ主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月18日 > 「暗闇にベルが鳴る」リメイク版はイモージェン・プーツ主演
メニュー

「暗闇にベルが鳴る」リメイク版はイモージェン・プーツ主演

2019年6月18日 11:00

イモージェン・プーツ

イモージェン・プーツ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スラッシャー映画の草分けといわれているオリビア・ハッセー主演の1974年の映画「暗闇にベルが鳴る」を、イモージェン・プーツ(「マイ・ファニー・レディ」「グリーンルーム」)主演でリメイクすることがわかった。

ロバート・クラーク監督、ロイ・ムーア脚本のオリジナル版「暗闇にベルが鳴る」は、クリスマスにジェス(ハッセー)が住む女子学生寮で巻き起こる連続殺人事件を描くサスペンス。

米Wrapによれば、リメイク版は米ユニバーサル・ピクチャーズとブラムハウス・プロダクションが製作し、「ブラック・ビューティー」(マッケンジー・デイビス主演)のソフィア・タカール監督がメガホンをとる。ニュージーランドで撮影し、12月13日から全米公開の予定。

(映画.com速報)
暗闇にベルが鳴る HDリマスター版[Blu-ray/ブルーレイ] 暗闇にベルが鳴る HDリマスター版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,184 女子学生寮に忍び込んだ影なき殺人鬼がまきおこすサスペンス。
マイ・ファニー・レディ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] マイ・ファニー・レディ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,807 「ペーパームーン」「ラスト・ショー」の名匠ピーター・ボグダノビッチ監督が、長編劇映画としては約13年ぶりに手がけた群像コメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報