南キャン山ちゃん&蒼井優結婚会見、相方しずちゃん強烈パンチで祝福

2019年6月5日 23:28

結婚した山里亮太と蒼井優
結婚した山里亮太と蒼井優

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太と女優の蒼井優が6月5日、結婚会見を都内のホテルで行った。

2人は今年4月に、山里が結婚を前提に「付き合ってみませんか?」と告白。蒼井も「はい」と即答して交際がスタートし、今月3日に婚姻届を提出するスピード婚で、山里は「日頃からお世話になっているマスコミの皆さんに正式に伝えて、応援してもらいたかった」と説明した。

恋のキューピッドとなったのが、山里の相方のしずちゃん。2006年の映画「フラガール」で蒼井と共演したのがきっかけで親交を深めた。2人の食事の席に山里を呼び、蒼井が山里を尊敬していることなどを伝えるなど交際を後押しした。

山里は「しずちゃんのおかげで今、こういうこと(結婚)になりました」と感謝の気持ちを込めて紹介したが、登場したしずちゃんの両手にはボクシンググローブ。シャドウで体を温め、いきなり左右のワンツーでダウンを奪うと、「うちの大事な親友を奪いやがって」と吐き捨てた。悶絶した山里も、「力強く心臓をえぐるんじゃないよ」と意地でツッコんだ。

コントのようなやり取りを見ていた蒼井は笑いっ放しで、山里の魅力については「私を好きになってくれる男気。私が一方的に好きになっても、言っていただかないと前に進めない。山里さんのお父さん、お母さんも大好きで、山里家の一員になれたのがとてもうれしい」と告白。さらに、「仕事に対する姿勢を尊敬していました。私も基本的には怠け者ですが、仕事に入ると目いっぱいやってしまう。山里さんを見ていると、間違っていないと思わされ勇気が出ます。精いっぱい支えていきたい」とのろけた。

山里も、「蒼井さんは僕が言うことに全力で笑ってくれる。この最高に楽しい世界で、蒼井さんの笑顔を一生見られるように頑張っていきます」と決意表明。浮気の心配はともに「ありません」と即答した。

会見では敬称で呼び合ったが、普段は「優」、「亮太くん」と呼んでいるという。これも2人で協議して決めたそうで、「女性の名前を呼び捨てにしたことがなくて、何度か呼んでしっくりくるものがあった呼び方をしています。今はスムーズに言えている。優、言っちゃいなよ」とおどけた。

挙式、披露宴の予定は「まだ考えていない」(山里)そうで、婚約指輪も山里は奮発しようとしたが、蒼井が「大切なものは絶対になくすので、年内になくす自信があった」ことから断ったという。子どもについても、「授かりものですから、きていただければありがたい」と照れながら語った。

新婚夫婦の受け答えを見守っていたしずちゃんは、結婚を知らされたのが1週間前で「(後押しは)ボケのつもりやったのに」とこぼしながらも、本当にうれしい様子。「こんなクズを、素敵な優ちゃんがよくぞもらってくれた。山ちゃんは調子に乗って天ぐになる時があるけれど、それをちゃんとしかってくれる素晴らしい人」と称えた。

所属する吉本興業のブサイクランキングで殿堂入りを果たした山里だが、蒼井が「メガネを替えると格好良く見えることもある」と優しくフォロー。山里は、「しずちゃんが僕に言った言葉でうれしかったのは、『マジメにやっていれば、いいことがあんねんな』。ブサイクな僕でもこんな素敵なゴールが待っていた。僕のように闘っている芸人の希望になれば」としみじみ話していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース