古舘佑太郎、石橋静河は「女神」!

2019年6月4日 22:56

舞台挨拶に立った古舘佑太郎、石橋静河ら
舞台挨拶に立った古舘佑太郎、石橋静河ら

[映画.com ニュース] 古舘佑太郎石橋静河が出演する「いちごの唄」(菅原伸太郎監督)の完成披露試写イベントが6月4日、東京・新宿ピカデリーで行われ、古舘、石橋とともに和久井映見岸井ゆきの峯田和伸宮本信子の主要キャストが勢揃いした。

脚本家・岡田惠和氏と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した同名小説が原作。名曲「漂流教室」「ぽあだむ」などをイメージソースに、純真無垢な青年コウタ(古舘)が中学時代に女神と崇めていた初恋の相手、千日(石橋)と10年後に再会し、恋心を抱く姿を描く。

主演の古舘は「自分の中では、コウタという人間をどうやっていいか、ずっと分からなかった。撮影が始まる前に石橋さんと本読みをしてから、ガラッと自分の中で変わった。『頭で考えるな、直感で演じろ』と彼女に教えてもらった。劇中では、女神だと崇めているんですけども、役以外でも女神だと崇めています」と明かした。

ヒロイン役の石橋は「衣装合わせでお会いした時、私自身も不安でしたが、お会いした時から、コウタにしか見えなかった。チャーミングで、ユーモアのある動きをされるので、そこから役に入ることができました。私の役は(過去に)抱えている役なので、考えすぎたところもありましたが、峯田さんの音楽を聴いて、本当に救われました」と話した。

舞台挨拶では、純真すぎるコウタの人物像が話題に。アパートの隣人役の岸井は「コウタには危うさを感じます。占いは100%信じちゃうだろうし、(ヒロインのことを)女神だと思うのは気持ち悪いかなあ」と笑う。

以前から古舘を知る峯田は「古舘君は『僕はコウタとは違う』と言うけど、僕からすると、コウタと一緒」。石橋も「最初のイメージのまま、1ミリたりともブレることもなく撮影が終わりました。初号で、ようやく古舘さん自身とお会いできるかと思ったら、やっぱりコウタみたいだった」。そんな意見が次々と出て、古舘自身は当惑顔だった。

最後に、原作・音楽・出演の3役をこなした峯田は「銀杏BOYZの曲は恋人と別れた時の駅までの景色が入っている。どちらかというと、報われない時の自分の姿。そんな思いが入った曲が数年後、ひとつの物語になって、そうそうたる俳優さんに集まってもらって、たくさんに人に見ていただけるとは想像していなかった。報われたな。映画は足掛け3年かけて、完成した。無事出産できて、よかった、という気持ちです」と感慨深げだった。

いちごの唄」は7月5日から公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース