スティーブン・キング短編「パーキングエリア」の映画化の監督が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月1日 > スティーブン・キング短編「パーキングエリア」の映画化の監督が決定
メニュー

スティーブン・キング短編「パーキングエリア」の映画化の監督が決定

2019年5月1日 12:00

スティーブン・キング

スティーブン・キング
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米人気作家スティーブン・キングの短編小説の映画化「Rest Stop(原題)」を、「彼女のいた日々」のアレックス・ロス・ペリー監督が自ら脚色し、メガホンを取ることになったと、米バラエティが報じている。

「Rest Stop(原題)」(邦題「パーキングエリア」)は、2003年に米エスクワイア誌に掲載されたのちに短編作品集「Just After Sunset」(日本では「夕暮れを過ぎて」「夜がはじまるとき」の分冊で出版)に収録。に収録。高速道路のパーキングエリアで出会った二人の女性が、その後、追いつ追われつの関係になるスリラーだ。

クレイグ・J・フローレスがプロデューサーを務め、レジェンダリーが制作する。アレックス・ロス・ペリーは、脚本家として「プーと大人になった僕」を共同執筆。「彼女のいた日々」に続き脚本・監督を担当したエリザベス・モス、カーラ・デルビーニュー主演「Her Smell(原題)」は2018年のトロント国際映画祭でプレミア上映されている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報