「アベンジャーズ」最終章、超豪華プレミアに世界熱狂 日本からは真田広之が参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月24日 > 「アベンジャーズ」最終章、超豪華プレミアに世界熱狂 日本からは真田広之が参戦
メニュー

「アベンジャーズ」最終章、超豪華プレミアに世界熱狂 日本からは真田広之が参戦

2019年4月24日 16:00

ワールドプレミアが開催!「アベンジャーズ エンドゲーム」

ワールドプレミアが開催!
(C)Marvel Studios 2019
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベルコミックが生んだヒーローたちが活躍する人気シリーズの最終章「アベンジャーズ エンドゲーム」のワールドプレミアが4月22日(現地時間)、米ロサンゼルスのコンベンションセンターで行われた。マーベル史上最大規模のイベントの模様は世界中に伝えられ、ファンは熱狂の坩堝に。日本からはゲスト出演している真田広之が参戦し、役どころは「東京が舞台で、ローニンという今回初めて登場するキャラクターと戦う」と明かした。

会場中央には、アベンジャーズのシンボルを取り囲むようにカーペットが敷き詰められた。宿敵サノスを想起させるパープルカーペットだ。そこへアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)、サノス(ジョシュ・ブローリン)、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ソー(クリス・ヘムズワース)、キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)、スター・ロード(クリス・プラット)、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、ロケット(ブラッドリー・クーパー)、グルート(ビン・ディーゼル)ら30人以上の豪華キャスト、さらにゲストが姿を現すと、待ちわびていたファンは地鳴りのような歓声をあげた。


画像2

[拡大画像]

物語の一部は日本が舞台というだけに、真田はマーベル・スタジオから直オファーを受け出演。台本を読み「アンソニー・ルッソ監督と電話で話をしたところ、東京が舞台でローニンという今回初めて登場するキャラクターと戦うということでした。よくある、カットを割ってアクションシーンを撮る方法ではなく、今回のシーンは大雨の中、始めから終わりまでカメラを止めずにワンカットで撮りたいということで、『誰がそれをできるのか』ということになり、(真田に)声をかけたと監督から告げられました」と振り返り、「唯一出る日本人ということでもあったので、このお祭りのような、オリンピックのような規模の作品なので、参戦することに意義があるようなところもあり、(監督からも)そういう思いで声をかけていただいたということなので、役の大小に関わらず『これはもう受けて立ちましょう!』と思った」と充実の様子で語った。


画像3

[拡大画像]

ほかホークアイ(ジェレミー・レナー)、ハルク(マーク・ラファロ)、アントマン(ポール・ラッド)、ネビュラ(カレン・ギラン)、ウォーマシン(ドン・チードル)、オコエ(ダナイ・グリラ)、ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)、ウォン(ベネディクト・ウォン)、アンソニー・ルッソジョー・ルッソ監督、製作のケビン・ファイギらも登場。「マイティ・ソー」シリーズに出演したナタリー・ポートマンや、歴代作品の監督ら、MCUに関わった面々の姿もあった。

アベンジャーズ エンドゲーム」は、4月26日全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報