ディズニーに買収された21世紀フォックス、早くもリストラ開始

2019年3月27日 06:00

重役クラスがリストラ
重役クラスがリストラ

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーによる買収が完了した21世紀フォックスで、早くもリストラが始まっていると米バラエティが報じている。

今回ターゲットとなったのは、映画の配給や宣伝グループの重役で、米国内の配給トップを務めるクリス・アロンソン氏をはじめ、米国外の配給トップのアンドリュー・クリプス氏、米国内の宣伝のトップであるヘザー・フィリップス氏、米国外の宣伝トップのパム・レビン氏らに退職勧告が行われたという。いずれも、1年から2年分の給与が退職金として支払われることになるという。

一方、20世紀フォックス映画のエマ・ワッツ副会長、FOX2000のトップを務めるエリザベス・ガブラー氏、フォックス・サーチライトの共同会長を務めるスティーブ・ギルラ氏とナンシー・アトリー氏は留任。また、テレビ制作会社の20世紀フォックステレビジョンも、パイロット版の制作などで多忙を極めていることもあってか、リストラの動きはみられない。

ただし、今回の発表は重役レベルのみで、今後は最大で4000人の社員に影響が出るとみられている。

(映画.com速報)

関連ニュース