辻村深月、脚本手掛けた「映画ドラえもん」公開が“誕生日”「伴走できて良かった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月2日 > 辻村深月、脚本手掛けた「映画ドラえもん」公開が“誕生日”「伴走できて良かった」
メニュー

辻村深月、脚本手掛けた「映画ドラえもん」公開が“誕生日”「伴走できて良かった」

2019年3月2日 15:45

舞台挨拶に立った辻村深月氏、広瀬アリスら「映画ドラえもん のび太の月面探査記」

舞台挨拶に立った辻村深月氏、広瀬アリスら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメのシリーズ最新第39作「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の公開記念舞台挨拶が3月2日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、脚本を担当した直木賞作家の辻村深月氏、声優を務めた広瀬アリス柳楽優弥、ロッチ・中岡創一、サバンナ・高橋茂雄、主題歌を手掛けた平井大八鍬新之介監督が登壇した。

3月1日に全国382スクリーンで公開。辻村氏は、第1作「映画ドラえもん のび太の恐竜」が公開された1980年生まれで、誕生日が2月29日とあって「今年は誕生日がなかったけれど、公開日が誕生日という見方もできる。こんなに楽しいことはない」と満面の笑みを浮かべた。

劇場の近くで、初回上映にやってくる観客を観察していたそうで「遅れちゃうと言いながらもポスターの前で写真を撮ったりしていて、自分が小さい時に楽しみにしていたのと同じ気持ちで見に来てくださったことがうれしい」と感慨深げ。「藤子・F・不二雄先生がいなければ、私は小説家になっていなかった。スタッフやキャストの皆さん、大人が本気で作っている映画とずっと伴走できて良かった」と感謝した。

月に住む美少女ルナを担当した広瀬は、「ちっちゃい頃からずっと見ていて、映画館で初めて見た映画もドラえもん。参加できたことが本当にうれしい」と満足げ。映画でルナに思いを寄せるスネ夫(関智一)は、「僕も子どもの頃から、ずっとアリスちゃんを見ていたよ」とぞっこんの様子だ。

柳楽は、カグヤ星の部隊の隊長ゴダート役で「社会派の作品が多かったので、とてもいいキャラクターでありがたかった」と笑顔。だが、八鍬監督が「アフレコの倒れ込むシーンで、体を動かしてやってもいいですかと言って本当に倒れ込みながらやってくれたけれど、マイクが遠くなって(声が)録れていなかったことがあった」と天然ぶりを明かすと照れることしきりだった。

シリーズ史上初めて3年連続でゲスト声優に起用された高橋は、昨年の舞台挨拶で「また、出たいなあ」とスネ夫におねだりし、「パパに言っておいてやるよ」の言質をもらって実現できたと告白。「来年もよろしくね」と、早くも4年連続を狙っていた。

(映画.com速報)
映画ドラえもん のび太の恐竜【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】[DVD] 映画ドラえもん のび太の恐竜【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】[DVD] 最安価格: ¥1,710 漫画やテレビアニメで子供たちに圧倒的な人気キャラクターとなった、藤子不二雄原作の“ドラえもん”の映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報