安田顕、村上淳の熱演に「泣きそうになった」!「ぼくいこ」本編映像が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月19日 > 安田顕、村上淳の熱演に「泣きそうになった」!「ぼくいこ」本編映像が公開
メニュー

安田顕、村上淳の熱演に「泣きそうになった」!「ぼくいこ」本編映像が公開

2019年2月19日 16:00

母を失った悲しみをどう乗り越える?「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」

母を失った悲しみをどう乗り越える?
(C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]宮川サトシ氏の人気エッセイを映画化した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の本編映像が公開された。家族を演じた安田顕村上淳石橋蓮司の3人のシーンを収めている。

本作は、がんを患った母との最期の日々から葬儀、そしてその後の生活が描かれている。主人公・サトシを安田が演じ、母・明子を倍賞美津子、サトシの兄・祐一を村上、父・利明を石橋が演じている。

公開されたのは、明子との別れを経験し、気力を失ってしまった宮川家の男3人の姿を収めたシーン。明子の墓石を購入するため久々に集まり、祐一は親子水入らずの時間を過ごそうと遠出を提案するが、サトシと父は「そんな気分じゃない」と断ろうとする。そんな2人に向けて祐一は「ぐずぐず言うな! それをお袋が喜んでると思うのか!」と喝を入れる。

先日行われた舞台挨拶で、安田は「村上さんはリハーサルの段階から全力で絶叫してくる。まっすぐに気持ちをぶつけてくるので泣きそうになった」と印象的な撮影を振り返っていた。現場のスタッフたちも安田と同じ気持ちだったそうで、村上の演技をカメラ横で目に涙をためながら見ていたという。

今回公開となった映像は、村上の熱演シーンの直前となっており、母のいない世界に残された男3人家族がどう受容していくのかも見どころとなっている。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は2月22日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報