「強い女性が強い男性を作る」 アンバー・ハードが「アクアマン」に込めた願い

2019年2月8日 06:00

取材に応じたアンバー・ハード
取材に応じたアンバー・ハード

[映画.com ニュース] 全世界で11億ドルに迫る興行収入を記録している世界的大ヒット作「アクアマン」が、2月8日から全国公開される。“人類未体験”と称される海中でのバトルアクションには度肝を抜かれる一方で、アンバー・ハード扮するヒロインのメラにも驚かされるだろう。魔術師のように水を操る強力な力を持ち、その行動はアクアマンも「ぶっ飛んでる」と驚がくするほど大胆不敵。知略にも長け、主人公を差し置いて物語をパワフルに駆動させていく。もはや、女性は守られるべきか弱い存在ではない。メラはそう示してくれる、新時代のヒーローだ。

「日本は世界でも一番好きな場所のひとつ」というハードが来日し、映画.comのインタビューに応じた。彼女にとって、メラはこれ以上ないハマリ役だ。対面して感じたことは、女性的な美しさとも、男性的なたくましさとも違う“格好良さ”。それは今作を鑑賞する間、メラに対して抱いていたものと全く同じ感覚だった。

瞳には意志の強さがよく表れ、時折り浮かび上がる笑顔は、寛容さと悪戯っぽさが同居するような奥深さを湛えている。女性や性的マイノリティの権利における活動家・慈善家という顔も持つハードが、印象深い言葉とともに「アクアマン」に出演する意義と、込めた願いを語った。

――映画を拝見して、メラは非常に魅力的なキャラでした。女性は守られる存在ではなく、時にはヒーローを凌ぐ力を発揮する。それが世界のスタンダードなのだと、強く印象付けているように感じました。

画像2

「そう感じてもらえてとても嬉しいです。言うとおり、メラは自分から行動する非常に強い女性。女性と男性はお互いを高めあうことが重要で、強い女性が強い男性を作るんです。こういった物語で、スーパーヒーローでもある女性キャラが、若い人々にインスピレーションを与えていくことが非常に魅力的だと思います」

――アクションも激しかったです。屋根の上をチェイスするシーンなど、困難が多かったのではないですか。

「とても難しかったですね(笑)。ほとんどのシーンは、撮影後にCG処理を施していくので、何もない空間で想像力を働かせる必要がありました。ハーネスを付けてワイヤーで吊るされることも多く、それも厳しかった。大体、リハーサルの6カ月ほど前から、毎日6時間の訓練をしていました。スーパーヒーローを演じるためには、やはり超人的な訓練が必要だったんです」

――水中のシーンでは、キャラが佇んで会話しているだけでも、映像表現として新鮮でした。どのように撮影していたのでしょうか。

「水中のシーンは、(ワイヤーで俳優たちを吊ることなどで水中を表現する)『ドライ・フォー・ウエット』という手法で撮影していました。なので、海底の場面などでは、私たちは乾いた状態なんです。一方で海から陸に上がるシーンなどでは、本当に水のなかに入るため、皮肉にもずぶ濡れになってしまっていました(笑)」

――混乱してしまいますね(笑)。水中の演技では、どういったことを意識していましたか。

「動きや歩き方など、水中を意識する想像力の勝負。できるだけ想像しやすいように、自分のトレーラーを海中のようにしたり。またいくつかのシークエンスでは、ジェームズ・ワン監督たちが実際にセットをつくってくれました。それは非常にラッキーで、大きな手助けになりました」

画像3

――DCコミックには、昔から親しんでいましたか?

「いいえ。実は『アクアマン』の話を頂いて、初めてコミックを読みました。読む前のイメージでは、コミックのなかの女性は、大体において助けられる側。弱い存在として描かれ、活躍すらしないと思っていました。なので今回、話を頂いたとき『そんな役を私に?』と感じたほどです。しかし『アクアマン』を読んだところ、『ここまで強い女性がいたのか』と驚きました」

――改めてキャラについて伺います。ワン監督と主演のジェイソン・モモアさんは、人間と海底人のハーフであるアクアマンに、自身の人生を投影していたそうですね。ハードさんも、メラや物語に対して思いを重ねていましたか。

「女優として、私はすべてのキャラクターに自分自身を投影したいと考えています。そして世界的に『こういう女性を描いてほしい』という要求があり、今回はそれを満たすことのできるキャラだったと感じています。

正しく女性キャラを描くことは、エンタテインメント業界の使命です。なにより重要なことは、メラには非常に強い行動力があるという点。正義感に燃えることも大事ですが、行動に移すということがさらに大事。そう考えているところが、私とメラの共通点だと思います」

――今作はDC映画として歴代1位の大ヒットを記録しています。続編にも大きな期待がかかりますが、この“ビッグ・サクセス”をどのように感じますか。

「この映画がとても好きなんです。世界中で受け入れられていることを、とても誇りに思っています。男女平等や多様性についてなど、非常に多くのメッセージ性があり、テーマも豊か。現代的な作品でもあります。これまでのダークなDC映画とはまた違った路線でもあり、そんな“新しい波”に乗ることができてとても嬉しいです。

そして、ワン監督はとにかくビジュアルの天才。彼を信頼しきっていましたし、作り上げられる世界が本当に素晴らしく、ぜひもう一度仕事したいですね。ジェイソンは見ての通り、一緒にいてとても楽しかった。弟のように感じていました」

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. おうちで「映画 すみっコぐらし」夏休み上映会 8月8日午後8時から、みんなで同時視聴&応援

    1

    おうちで「映画 すみっコぐらし」夏休み上映会 8月8日午後8時から、みんなで同時視聴&応援

    2020年8月8日 12:30
  2. 笠松将×祷キララが共演するスプラッター青春群像劇「ファンファーレが鳴り響く」10月17日公開

    2

    笠松将×祷キララが共演するスプラッター青春群像劇「ファンファーレが鳴り響く」10月17日公開

    2020年8月8日 10:00
  3. 劇場公開40周年記念!戦争映画の名作「二百三高地」丸の内TOEIで初のデジタル上映

    3

    劇場公開40周年記念!戦争映画の名作「二百三高地」丸の内TOEIで初のデジタル上映

    2020年8月8日 07:00
  4. トム・クルーズ所属の米大手タレントエージェンシーが人員削減 365人を解雇

    4

    トム・クルーズ所属の米大手タレントエージェンシーが人員削減 365人を解雇

    2020年8月8日 08:00
  5. ドラえもん風衣装の渡辺直美、ドラミ風・弘中綾香アナに助言「もうちょっと大きくなろう」

    5

    ドラえもん風衣装の渡辺直美、ドラミ風・弘中綾香アナに助言「もうちょっと大きくなろう」

    2020年8月8日 14:18

今週