ブリー・ラーソン&「アリー スター誕生」プロデューサーがNetflixと2本契約 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月4日 > ブリー・ラーソン&「アリー スター誕生」プロデューサーがNetflixと2本契約
メニュー

ブリー・ラーソン&「アリー スター誕生」プロデューサーがNetflixと2本契約

2019年2月4日 12:00

ブリー・ラーソン「キャプテン・マーベル」

ブリー・ラーソン
写真:Shutterstock/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ルーム」のオスカー女優ブリー・ラーソンと、「アリー スター誕生」のプロデューサー、リネット・ハウエル・テイラーが、Netflixと2本の契約を結んだ。「Unicorn Store(原題)」「Lady Business(原題)」の2作品で、どちらもハウエル・テイラーの製作会社51エンタテインメントとラーソンがプロデュースしている。

コメディ「Unicorn Store(原題)」はラーソンの長編監督デビュー作で、実家に戻り両親と暮らし始めた女性キット(ラーソン)が、ある店への謎の招待状を受け取ったことから、本当に大人になるとはどういう意味か考えるきっかけになるというストーリー。ラーソン、ジョーン・キューザックブラッドリー・ウィットフォードマムドゥ・アチーハミッシュ・リンクレイターサミュエル・L・ジャクソンが共演しており、米Deadlineによれば、4月5日からNetflixで世界配信される。

「Lady Business(原題)」もラーソンが主演する映画で、監督も兼ねることになりそうな新作。ジョン・ポール・ティトロウが執筆した米ファスト・カンパニー誌の記事を映画化する本作は、若い女性起業家の2人、ペネロぺ・ゲイジンとケイト・ドワイヤーが、男性中心のビジネス社会で対等に渡り歩くために、架空の男性キャラクターをつくりあげて共同創業者として据えたところ、途端に状況が好転した実話を描く。

ラーソンは、マーベル映画として初めて女性ヒーローを主人公にした主演映画「キャプテン・マーベル」が3月9日から全米公開、3月15日から日本公開。ハウエル・テイラーは、プロデュースした「アリー スター誕生」がアカデミー賞で作品賞を含む8部門にノミネートされている。

(映画.com速報)
ルーム スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ルーム スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,349 アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報