斎藤工、「家族のレシピ」で世界を意識「日本映画もモデルケースにするべき」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月2日 > 斎藤工、「家族のレシピ」で世界を意識「日本映画もモデルケースにするべき」
メニュー

斎藤工、「家族のレシピ」で世界を意識「日本映画もモデルケースにするべき」

2019年2月2日 19:15

食事会イベントに出席した 斎藤工、シシド・カフカら「家族のレシピ」

食事会イベントに出席した
斎藤工、シシド・カフカら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の斎藤工が主演するシンガポール・日本・フランス合作映画「家族のレシピ」の食事会イベントが2月2日、東京・銀座のレストラン「Plus Tokyo」で行われた。

約50人が試写を観賞後に、映画に登場するラーメンとシンガポールのソウルフード・バクテー(肉骨茶)を組み合わせたメニュー「ラーメン・テー」を実食。デザートにロケ地の群馬・高崎の銘菓「ちごもち」もともされ、斎藤と共演のジネット・アウ、主題歌を担当したシシド・カフカエリック・クー監督も舌鼓を打った。

斎藤は「料理は、材料を集めて味付けが決め手になって、後片付けが大変というところは映画作りと同一線上にあると思った」と、同作出演後に自分でもバクテーを作るようになったという。バクテー自体を初めて食べたというシシドは、「映画を見ておいしそうと思っていた想像以上に満たしてくれた。シンプルでとてもおいしい」と目を細めた。


画像2

[拡大画像]

高崎が気に入って観光大使となり、ちごもちの製法まで学んだアウは「学んだ後の方がおいしく感じられた。それは感謝の気持ちが加わったからでしょう」と笑顔。クー監督は、「斎藤さんをはじめ日本のキャスト、クルーが心から作品に寄り添ってくれた。この仕事で見つけられたものは友情と慈しみの心。それがどんどん膨らんで大きくなっている」と誇らしげに話した。

同作は、昨年のベルリン国際映画祭に出品されたのを機に、世界40カ国ほどでセールスが成立したという。斎藤は、「世界市場にアジアから発信するという、一過性ではなく映画が向かうべき場所を具体的に見せてもらった。日本映画もモデルケースにするべきだと思う」と力説した。

家族のレシピ」は、日本とシンガポールの外交関係樹立50周年をきっかけに製作。父親の死によって、幼い時に亡くした母の故郷・シンガポールを訪れた青年が、家族の絆を取り戻すためのレシピに出合うまでの旅を描く。3月9日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報