市原悦子さん通夜、“息子”竹中直人悲痛「優しく見守ってくれた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月17日 > 市原悦子さん通夜、“息子”竹中直人悲痛「優しく見守ってくれた」
メニュー

市原悦子さん通夜、“息子”竹中直人悲痛「優しく見守ってくれた」

2019年1月17日 21:30

コチョウラン以外はモンステラなど 緑一色の植物で彩られた祭壇「青春の殺人者」

コチョウラン以外はモンステラなど
緑一色の植物で彩られた祭壇
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 心不全のため1月12日に82歳で亡くなった女優の市原悦子さんの通夜が1月17日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。俳優の竹中直人阿部寛らが参列。20年来の親交がある「ゴダイゴ」のリーダー・ミッキー吉野が、弔辞に代わり“献歌”で故人をしのんだ。

自然が大好きだった市原さんを送るためにしつらえられた祭壇は、コチョウラン以外はモンステラなど緑一色の植物で彩られた。それを喜ぶような笑顔を見せる遺影など3枚の写真。そのほかにも会場には通路に至るまで実に43枚の写真が飾られ、市原さんの足跡を振り返ることができ、弔問客も足を止めて見入っていた。

棺には写真と書籍を4冊ずつ、日常で愛用していた品々が納められた。無宗教で読経もなく、冒頭では「家政婦は見た!」「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」「弁護士高見沢響子」などドラマの代表作のダイジェスト映像を上映された。

ミッキーは祭壇脇のピアノの前に腰を下ろすと、「市原さん、やっと大好きな哲さんに会えるね」と、2014年に亡くなった夫で演出家の塩見哲さんへの思いを吐露。そして「おふたりが大好きだった」という、舞台「三文オペラ」の劇中歌「マック・ザ・ナイフ」を演奏した。

続けて12年初演の市原さんとの舞台「二人だけの舞踏会」のテーマ曲で、塩見さんが作詞した「夢とごはんの木」を弾き語りで披露し、ダンサーによる追悼の舞も。演奏後は、遺影に向かってVサインをして市原さんへの感謝を示した。

96年のNHK大河ドラマ「秀吉」で母子として共演した竹中は、「長谷川和彦監督の『青春の殺人者』での母親役がすばらしかった。それは照れくさくて言えなかったけれど、あこがれていた俳優さんと共演できるのは夢だった」と述懐。「本当に優しく見守ってくれて、ご一緒したのが1本だけだったのは残念だけれど、会う度にかあちゃんと呼んでいた。いつもキラキラしていて、あの柔らかい手と声の音色が忘れられません」と、ハンカチで何度も涙をぬぐった。

葬儀・告別式は1月18日午前11時から同所で行われる。

《主な参列者》川上麻衣子小野武彦左時枝布川敏和阿部寛神田紅白石加代子石橋蓮司井川遥宮藤官九郎竹中直人(順不同、敬称略)

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報