年内引退の滝沢秀明、今年の漢字は“行” ファンに「行ってきます」と前向きメッセージ

2018年12月12日 19:00

滝沢秀明が外科医役に初挑戦
滝沢秀明が外科医役に初挑戦

[映画.com ニュース] 滝沢秀明が12月12日、都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「孤高のメス」の第1話完成披露試写会に出席した。2018年内の芸能活動引退を公表している滝沢は、今年の漢字を“行”だと明かし、「大きな決断をしましたが、さよならという言葉は使いたくないので、『行ってきます』という意味でこの漢字を選びました」とファンに前向きな姿勢を示した。

累計発行部数160万部を突破した、現役医師・大鐘稔彦氏のベストセラー小説シリーズを初ドラマ化。臓器移植がタブー視されていた1980年代後半、医療先進国アメリカで経験を積んだ外科医・当麻(滝沢)が、「地方でも大学病院と同レベルの治療が受けられるべき」という信念のもと、あらゆる難手術に挑む。

外科医役に初挑戦し、「非常に手応えがあり、自分としてもやりがいがあった」と振り返り、「当麻は自分の信念を持っていて、どんな状況でもブレずに前に進んでいく。男から見てもカッコいい生き方をしていて、刺激を受けた」。さらに「今後も当麻のように、自分のやりたいこと、求められることを大事にしていきたい。皆さんの期待に応えられるような大きな男になれれば。身長は無理ですけど(笑)」とジョークを交え、決意を新たにしていた。

完成披露試写会には滝沢をはじめ、共演する仲村トオル工藤阿須加山本美月石丸幹二長塚京三内片輝監督が出席。仲村は「とてもしなやかな人」と初共演の滝沢を評した。また、滝沢と約20年ぶりの共演を果たした長塚は「台本を信じ、深く静かに情熱を燃やす。そんな芸風は、いい意味で当時と変わらず、驚くべきこと。きっと天性のものなのでしょう。クールさにも磨きがかかっている」としみじみ語っていた。

「連続ドラマW 孤高のメス」は、2019年1月13日から、WOWOWプライムで毎週日曜午後10時放送。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース